季語/秋分の日(しゅうぶんのひ)を使った俳句

「秋分の日」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「秋分の日」について

【表記】秋分の日

【読み方】しゅうぶんのひ

【ローマ字読み】shubunnohi

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「し」で始まる秋の季語

・「秋の行事」を表す季語

・「仲秋」に分類される季語

月ごとの分類

9月の季語

スポンサーリンク

秋分の日を含む俳句例

嶺聳ちて秋分の闇に入る/飯田龍太

秋分の日輪赤く西山に/森脇はじめ

秋分の木造駅舎の日章旗/高澤良一

秋分の日の御仏と枯れ給ふ/皆川白陀

秋分の明るき昼の仮寝かな/山田葱風

秋分の正午の日ざし真向にす/菅裸馬

秋分の男松より夕日さす/田平龍胆子

秋分の酒杯の微塵親し恋し/原子公平

わが旅の秋分の日は晴るゝ筈/日元淑美

山かがし秋分の日の草に浮く/松村蒼石

旧家なり秋分の日の人出入り/新田郊春

秋分の展墓日和となりにけり/今井千秋

秋分の日の花増える町の中/藤田哲肖子

秋分の日の音立てて甲斐の川/廣瀬町子

秋分の時どり雨や荏のしづく/飯田蛇笏

秋分の灯すと暗くなっていし/池田澄子

秋分やもみづりはやき岩蓮華/那須弥生

陵守の父に秋分の餉がとどく/松村蒼石

秋分の日のすぢかひや鳴子縄/織田烏不関

秋分の正しき没り日拝みけり/小原菁々子

俳句例:21句目~

赤ん坊の顱頂の雲垢や秋分来/田川飛旅子

秋中日鮎食ふ人を集めけり/長谷川かな女

秋分の牛生といふ町潮ぐもり/阿部みどり女

秋分やいそしむこころやうやくに/岩城久治

秋分の日のほとりにやっかいな私/本田ひとみ

秋分のおはぎを食へば悲しかりけりわが佛なべて満州の土/山本友一

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ