季語/秋海棠(しゅうかいどう)を使った俳句

「秋海棠」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「秋海棠」について

【表記】秋海棠

【読み方】しゅうかいどう

【ローマ字読み】shukaido

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「し」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「初秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

スポンサーリンク

秋海棠を含む俳句例

厠遠き裏家住ひや秋海棠/篠原

手拭に紅のつきてや秋海棠/支考

梳る秋海棠の日和かな/本田穆堂

花のなき秋海棠は唯青し/高浜虚子

庭すみの秋海棠に雨あらく/上村占

待避壕埋めて幾年秋海棠/吉屋信子

翠簾際に秋海棠の袂かな/立花北枝

中庭や小窓に雨の秋海棠/寺田寅彦

女去つて秋海棠の茎紅し/澤木欣一

美しく乏しき暮し秋海棠/富安風生

秋海棠眉目よく古ぶ佛たち/滝春一

学問や秋海棠の窓に拠り/尾崎迷堂

化粧の間秋海棠の風寒し/子規句集

秋海棠水引草の露けしや/臼田亞浪

櫛拭いて秋海棠の花を見て/藤田湘子

若き日の妻の写真や秋海棠/大谷恵教

水無月や仏に咲きし秋海棠/渡辺水巴

蜂とぶや秋海棠の葉陰より/会津八一

沢沿ひにのぼり満山秋海棠/高澤良一

関節を秋海棠も持ってをり/高澤良一

俳句例:21句目~

病める手の爪美しや秋海棠/杉田久女

陰気なる秋海棠の小庭かな/高浜虚子

雲に濡れ秋海棠の茎の紅/篠田悌二郎

秋海棠思ひ至るは相田サク/高澤良一

秋海棠一本ありて雨を愛す/山口青邨

秋海棠口紅つけし母知らず/田中英子

秋海棠女の手植おほつかな/尾崎紅葉

地に印す梯子の跡や秋海棠/会津八一

秋海棠煉瓦畳に咲きみだれ/滝井孝作

秋海棠熱退く足の裏白し/依田由基人

秋海棠窓下の蕗の中にまで/瀧井孝作

好まれし秋海棠に雨が降る/高木晴子

秋海棠紅い茎葉のハート形/滝井孝作

秋海棠翁の杖に触れにけり/竹内悦子

秋海棠馬籠ははしる水ばかり/谷迪子

断腸花泪なければ詩もなし/深谷雄大

筆洗ふ水を切りたり秋海棠/中西舗土

紅閨や秋海棠に灯のもるゝ/豌豆痩石

縁長う秋海棠も沿ひにけり/尾崎迷堂

書を愛し秋海棠を愛すかな/山口青邨

俳句例:41句目~

色つぎや秋海棠の茎の節/阿波野青畝

うつむきて秋海棠は雨の花/相馬真砂子

うなだれて花恋ふ花よ秋海棠/渡辺水巴

うみばれの風あり秋海棠の花/榎本好宏

そのほとり秋海棠の濡れ易し/後藤夜半

臥して見る秋海棠の木末かな/正岡子規

本阿弥のここら野屋敷秋海棠/水谷芳子

紅き茎継ぎ足して咲き秋海棠/勢力海平

二日荒れて庭乾きたり秋海棠/増田龍雨

精一杯立ってゐるなり秋海棠/高澤良一

傘たゝむ裾ぬらしけり秋海棠/籾山柑子

秋海棠まだ降りたらぬ空の色/中野千代

瓜番へ闇を飛び来し礫かな/守能断腸花

咽喉口に酸素つめたし秋海棠/石田波郷

石灰を撒きつけられて秋海棠/会津八一

声あげて滝の伸びゆく秋海棠/角川春樹

秋つひに秋海棠も咲かざりき/北原白秋

子文書のにほひ蒐めし秋海棠/伊藤敬子

山の旭や蝉落ちて啼く秋海棠/中島月笠

秋海棠夕べ遅れて起つ風あり/高澤良一

俳句例:61句目~

断腸花飛鳥に石のものがたり/大嶽青児

秋海棠西瓜の色に咲きにけり/松尾芭蕉

暗き部屋好み病む少女や秋海棠/原月舟

秋海棠朽木の露に咲きにけり/藤野古白

願かけて秋海棠を惜しみけり/岡田壮三

花伏して柄に朝日さす秋海棠/渡辺水巴

茶室までひびく山水/秋海棠/土田桂子

秋海棠に今来し風やそと動く/高濱年尾

誰が付けし秋海棠といふ愁ひ/今泉貞鳳

山の雨ひとつぶのせて秋海棠/佐藤美恵子

暁の戸一枚繰つて秋海棠ほのか/喜谷六花

母の忌に帰れず秋海棠を切る/大久保橙青

秋海棠咲きつぎどこからが晩年/蓮田双川

秋海棠ぶるぶる犬のふるへをり/岸本尚毅

秋海棠なむあみだぶは声あげよ/岡井省二

秋海棠なまめけり父睡るまも/栗田九霄子

三回忌秋海棠にはやくもや/久保田万太郎

人去りぬ秋海棠にあめふる日/深江てる子

口あいてかまきりのぼる秋海棠/渡邊水巴

秋海棠様にならぬと筆投げ出し/高澤良一

俳句例:81句目~

古銅にて小壷なるかな秋海棠/阿波野青畝

壊れたる壁に窓あり秋海棠/長谷川零餘子

螢にも逢はで来し戸や秋海棠/佐野青陽人

天抜けし雨のあとなる秋海棠/文挟夫佐恵

花よりも濃き紅の茎秋海棠/阿部みどり女

長雨に堪へて咲きけり秋海棠/由良つや子

秋海棠ほのひとつ散る四囲は壁/小池文子

秋海棠出離の皇子のおくつきに/西本一都

雨ながら朝日まばゆし秋海棠/水原秋櫻子

起き伏しや秋海棠は澄みてのみ/林原耒井

秋海棠子等が夜学の灯にこぼれ/佐野青陽人

秋海棠訃音てのひらうすきかな/河野多希女

秋海棠雨のシユトラゥス濡れ給へ/桂樟蹊子

秋海棠露のあかるさちりばめて/柴田白葉女

われになき女きやうだい秋海棠/猿橋統流子

秋海棠ほろほろ言葉染まるなり/河野多希女

汝をそこに彳たしめてよし秋海棠/富安風生

秋海棠咲いてをれども見に行けず/長尾/雄

秋海棠にそゝぐはげしや軒の雨/高橋淡路女

露ふかし秋海棠になかんづく/久保田万太郎

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ