季語/薄紅葉(うすもみじ)を使った俳句

「薄紅葉」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「薄紅葉」について

【表記】薄紅葉

【読み方】うすもみじ

【ローマ字読み】usumomiji

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「う」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「仲秋」に分類される季語

月ごとの分類

9月の季語

スポンサーリンク

薄紅葉を含む俳句例

肌寒し竹切山の薄紅葉/凡兆

子に抛る白球の線薄紅葉/原裕

中腹に宮あり詣で薄紅葉/上村占

先代の苦労咄や薄紅葉/高澤良一

秋旅や道々櫨の薄紅葉/松藤夏山

薄紅葉薄黄葉へと差を始む/蔦三郎

薄紅葉片眼つぶれば少女現れ/林翔

智照尼は昔知る人薄紅葉/高浜虚子

薄紅葉して炎天は昨日のこと/原裕

色付や豆腐に落て薄紅葉/松尾芭蕉

心にもある北側の薄紅葉/清水径子

大仏のゆゑの賑ひ薄紅葉/高濱年尾

盛況の移動図書館薄紅葉/金子蜂郎

山路にて銭の寸借薄紅葉/辻田克巳

老犬のゆく道きまり薄紅葉/桂信子

籾摺やわが裏山の薄紅葉/柏崎夢香

高坏に紅葉の菓子や薄紅葉/上野泰

陶の神祭りや山の薄紅葉/中村祐子

稲妻や今朝より森の薄紅葉/松岡青蘿

鴨池につき出し山の薄紅葉/高野素十

俳句例:21句目~

光悦の話ちらりと薄紅葉/成瀬正とし

肝胆のごとき二タ山薄紅葉/矢島渚男

薄紅葉より歩を移し観世音/山田弘子

親しさの別れの句会薄紅葉/高木晴子

遣水やあらしの庭の薄紅葉/作者不知

年寄れば混浴ゆるす薄紅葉/青木重行

鯉売の桶を据ゑたる薄紅葉/遠藤梧逸

坂なせば水も滝なす薄紅葉/野沢節子

柿買の眺めゐる木の薄紅葉/松藤夏山

笈摺に札所の朱印薄紅葉/金山貴志子

眞青なる紅葉の端の薄紅葉/高浜虚子

神籬を走れる蔦も薄もみぢ/岸風三楼

うす~とはじまる色の薄紅葉/稲畑汀子

一景のこゝにはじまる薄紅葉/沢村芳翠

初冬や竜胆の葉の薄もみぢ/松本たかし

水中やさみだるゝ嶋の薄紅葉/渡辺水巴

宇治川に映れる山の薄紅葉/池内たけし

山の端に庵せりけり薄紅葉/松本たかし

庭手入はかどりつゝや薄紅葉/高濱年尾

木戸出でて后塚なる薄紅葉/田畑美穂女

俳句例:41句目~

釣り橋のふんはり揺れて薄紅葉/望月稔

釣瓶井戸ひつそり隠す薄紅葉/鈴木洋子

手にすくふ水の清らに薄紅葉/福本天心

慈悲相の一面照らふ薄紅葉/水原秋櫻子

朝夕の竈にも見るや薄もみぢ/浜田酒堂

薄紅葉して静かなる大樹かな/高浜虚子

薄紅葉するよと見れば散りはじめ/暁台

薄紅葉には待つといふ心置く/稲畑汀子

環山の霧ひしひしと薄紅葉/鈴木しげを

薄紅葉恋人ならば烏帽子で来/三橋鷹女

薄紅葉櫨が入日に技をのぶ/水原秋桜子

薄紅葉紅にそめよと与へけり/正岡子規

薄紅葉翅もつものは空に消ゆ/古館曹人

掌を打つて肉の音聞く薄紅葉/西野理郎

薄紅葉越しに見てゐる薄紅葉/稲畑汀子

湖の景ひらけしよりの薄紅葉/河野美奇

逗子葉山わづかに桜薄紅葉/今井杏太郎

友も鳥も待てば来ぬもの薄紅葉/渡邊水巴

薄もみぢ根引きの松を手にあるく/上村占

薄紅葉してと面テをかがやかせ/後藤夜半

俳句例:61句目~

薄紅葉してをり庭に下りてみん/坊城春軒

羅漢寺の障子あきをり薄紅葉/高橋淡路女

点滴の薄紅葉いろまぬがれず/松田ひろむ

日の当るところ変りし薄紅葉/穴井/まき

薄紅葉マリアの像を島うらに/飯塚樹美子

薄紅葉いま安達太良の山気かな/雨宮きぬよ

薄紅葉濃くなりしとも暮るゝとも/石井とし夫

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ