季語/菊枕(きくまくら/きくちん)を使った俳句

「菊枕」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「菊枕」について

【表記】菊枕

【読み方】きくまくら/きくちん

【ローマ字読み】kikumakura

子季語・関連季語・傍題・類語など

・菊の枕(きくのまくら:kikunomakura)

季節による分類

・「き」で始まる秋の季語

・「秋の生活」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

菊枕を含む俳句例

点滴の音なき音や菊枕/新純子

余生又美しからん菊枕/下村非文

身の丈の髪の昔や菊枕/鷹羽狩行

俳諧に命あづけて菊枕/伊藤柏翠

叡山を下りて今宵の菊枕/星野椿

夢淡き齢となれり菊枕/鷹野清子

明日よりは病忘れて菊枕/高浜虚子

金輪際嫌ひと言ひし菊枕/山田弘子

欲しきもの久女の作る菊枕/神蔵器

遠く住む母と揃ひの菊枕/大島民郎

ちなみぬふ陶淵明の菊枕/杉田久女

此の千代を今日の馳走よ菊枕/季吟

死支度忘れがちなり菊枕/近藤一鴻

濤激すまま夜明けたり菊枕/岡本眸

妻が借り子が借り母の菊枕/福島胖

菊枕貰うて病軽ろかりし/高濱年尾

菊枕知らず黍殻枕敷く/百合山羽公

愛蔵す東籬の詩あり菊枕/杉田久女

戦死には枕無かりし菊枕/吉田汀史

菊枕二つ重ねて夢もなし/手塚美佐

俳句例:21句目~

菊慈童の思ひに菊の枕かな/青木月斗

これよりは菊の酒また菊枕/山口青邨

みちのくの黄菊ばかりの菊枕/瀧春一

三椏が咲いてきのふの菊枕/手塚美佐

好み縫ふ房は水いろ菊枕/高橋淡路女

妻のまま盲となりぬ菊枕/宇多喜代子

寝返れば醒めれば匂ふ菊枕/土居牛欣

年寄りし姉妹となりぬ菊枕/星野立子

明日あるを信じて憩ふ菊枕/八木綾子

立子より送りくれたる菊枕/高浜年尾

竜宮の夢より覚めて菊枕/すずき春雪

菊枕かくて老いゆく人の幸/高濱年尾

菊枕一願こめて縫ひ急ぐ/三谷蘭の秋

菊枕北に廻して死後の景/中戸川朝人

菊枕古りてことしの菊月夜/大島民郎

野に摘みし菊も少しや菊枕/橋本鶏二

魂と魄といずれ選びぬ菊枕/寺井谷子

世を忘れ菊の枕に沈みゐる/橋田憲明

白妙の菊の枕をぬひ上げし/杉田久女

うすやみにまろ背の母の菊枕/佐川広治

俳句例:41句目~

菊枕作らん花の篭にあふれ/貫名/英子

菊枕ぐんぐん虧くる夜々の月/京極杜藻

菊枕南山の壽をさづからん/松尾いはほ

菊枕夢に続きといふことなし/藤谷令子

菊枕夢も通へるものとして/高田美恵女

菊枕はづしたるとき匂ひけり/大石悦子

菊枕干して吉野のよき日向/大峯あきら

菊枕心やつるるまじきかな/加藤三七子

生くるとは別るることや菊枕/倉田素香

生き延びて来しこと大事菊枕/後藤夜半

保育器の吾子にあてがふ菊枕/小橋里水

ささくれの沁みる今宵の菊枕/高木喬一

菊枕山に音なき日なりけり/山田三四郎

菊枕ゆめにも呉れぬ仮寝覚め/石川桂郎

当てゝみる菊の枕の匂ひかな/松藤夏山

菊枕ゆらりと島の浮いて来し/永末恵子

菊枕かるくたたいて夢違へ/櫛原希伊子

贈呈の菊の枕の菊を摘む/打出/たけを

菊枕なりし寝返りするときに/田畑美穂女

菊枕ひと夜のくぼみありにけり/佐藤博美

俳句例:61句目~

はなれじときのふの菊の枕かな/山口素堂

誰がためにつくらんとする菊枕/高橋淡路女

うつり香のうなじにほのと菊枕/高橋淡路女

神無月/妻のまま盲となりぬ菊枕/宇多喜代子

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ