季語/走馬燈(そうまとう)を使った俳句

俳句例:201句目~

消ゆるときむらさき色の走馬燈/山口波津女

癒ゆる方へ廻りそむなり走馬燈/石田あき子

走馬燈夜毎ともして子と住めり/高橋淡路女

走馬灯まはりて主婦の起居かな/副島いみ子

走馬燈あの指この世となくまはる/藤岡筑邨

走馬燈いきなり早くまはりけり/ささきいち

走馬燈うるしの闇がふちどれる/徳永山冬子

走馬燈とこよの闇に消えにけり/高橋淡路女

走馬燈月のあかりもそひまはる/三浦恒礼子

走馬燈しづかに待てばめぐりけり/大野林火

走馬燈灯を入れて世を忘じけり/能村登四郎

母を追ふ子の追ひつけず走馬燈/新倉美紀子

走馬燈昼のからくり風にまはる/橋本多佳子

走馬燈こころの不如意うべなひて/鈴木栄子

あげ汐に廻りて来たり走馬燈/長谷川かな女

走馬灯ひらがなといふ優しきもの/辻田克巳

走馬燈こゝろに人を待つ夜かな/高橋淡路女

野の空のみづいろに触れ走馬燈/柴田白葉女

走馬燈ともるを提げて部屋よぎる/亀井糸游

さがす人こゝにもみえず走馬燈/久保田万太郎

俳句例:221句目~

とゞまればまことまづき絵走馬灯/篠塚しげる

ひとところゆつくり見せて走馬灯/片山由美子

走馬燈みたりがおもひめぐりけり/長谷川春草

走馬燈馳けて男も女もこの世去る/文挟夫佐恵

走馬燈こゝろ憂き夜はともさざる/高橋淡路女

走馬灯火の入りぎはに買はれけり/佐野たけ子

走馬燈虚子なきのちの世に馴れず/成瀬正とし

買つて来しばかりまはるや走馬燈/久保田万太郎

走馬燈いのちを賭けてまはりけり/久保田万太郎

走馬燈ともしつぎしが子等はいねぬ/軽部烏帽子

こころ置かずばちゝはゝ冷やか走馬燈/磯貝碧蹄館

タイトルとURLをコピーしました