季語/矢車草(やぐるまそう)を使った俳句

「矢車草」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「矢車草」について

【表記】矢車草

【読み方】やぐるまそう

【ローマ字読み】yagurumaso

子季語・関連季語・傍題・類語など

・矢車菊(やぐるまぎく:yagurumagiku)

季節による分類

・「や」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

矢車草を含む俳句例

街中を紺の矢車草一束/原田喬

清貧の閑居矢車草ひらく/日野草城

矢車草風出て潮色三変す/高澤良一

啄木のゆかりの町や矢車草/中/憲子

水浅黄は汀女の色の矢車草/青木重行

矢車草教会で逢ふ恋いまも/宮脇白夜

空の色映し矢車草ひらく/小神野藤花

花殖やす和尚の心根矢車草/高澤良一

住み残す矢車草のみづあさぎ/中村汀女

供華に挿す矢車草の一つかみ/綾部仁喜

矢車草ふもとふもとの眼かな/広井和之

矢車草夜通し藍を揺り覚ます/菊地京子

矢車草扇作りが目を上げて/八木林之助

野位牌に空の藍垂る矢車草/文挟夫佐恵

驟雨来て矢車草のみなかしぐ/皆川盤水

マネキンの臍たしかむる矢車草/久安五劫

矢車草たまさか机上に塵なき日/峯岸杜丘

矢車草のうねりは空に遊びをり/中川悦子

矢車草アンデルセンの海暗し/佐藤美恵子

矢車草病者その妻に触るゝなし/石田波郷

俳句例:21句目~

矢車草夕ベギリシヤのふんはりす/伊東達夫

矢車草空へ伸びざま吾子逝けり/柴崎左田男

草城見舞ふや矢車草の路を択る/五十嵐播水

卓の矢車草冷たきもののめぐりけり/林原耒井

矢車草すがれて梅雨のあがりけり/五十嵐播水

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ