季語/走馬燈(そうまとう)を使った俳句

俳句例:101句目~

灯を入れてより走馬灯売れ始め/浅賀木

疾駆してゐしが火を吹き走馬燈/赤松子

病み痩せて長き手足や走馬燈/石田波郷

病むことに若さ費やし走馬燈/清水基吉

絵日記のいちにち遅れ走馬燈/八染藍子

蛾の入りて大きな影や走馬灯/小島隆保

血の凍る思ひいくたび走馬燈/中嶋秀子

親のなき婢の身の上や走馬燈/鈴木花蓑

赤く走り青く走りて走馬燈/佐藤いづみ

赤も淋し緑り又くらし走馬燈/松瀬青々

走馬灯のどの舟先を漕げる舟/相馬黄枝

走馬灯ひとりの刻が廻り出す/清水節子

走馬灯へだてなければ話なし/富安嵐生

走馬灯まはりて何も思はざる/長崎玲子

走馬灯売る横顔を灯が廻る/猿橋統流子

走馬灯早寝の子等によく廻る/笠原大樹

走馬灯止る速さとなりにけり/小林康治

走馬灯被虐苛虐を置きざりに/田中信克

走馬灯輪廻に音のなかりけり/鈴木貞雄

走馬灯闇着せられて売られけり/神蔵器

俳句例:121句目~

走馬燈おのれ淋しく止りけり/後藤夜半

走馬燈ひとりの刻が廻り出す/清水節子

走馬燈へだてなければ話なし/富安風生

走馬燈二人のぞきに点したる/皆吉爽雨

走馬燈取り巻く闇も廻りけり/根岸善雄

走馬燈売る横顔を灯が廻る/猿橋統流子

走馬燈夢まぼろしに廻りけり/野村喜舟

走馬燈寝静まる子に廻りけり/野村喜舟

走馬燈山河崩れて静かかな/軽部烏帽子

走馬燈廻り始めのひとゆらぎ/下川白湘

走馬燈まはればあの世めく一間/中嶋秀子

灯を消してうつつの影や走馬灯/和田游眠

かかる宵いつかもありし走馬燈/山中石人

走馬燈母を亡母とはまだ書けぬ/渡辺恭子

走馬灯売る身は闇に置いてをり/嶋田一歩

走馬燈消えてしばらく廻りけり/村上鬼城

走馬燈おろかに七曜めぐりくる/巌谷小波

走馬燈灯して売れりわれも買ふ/杉田久女

つつましきひとの世なりし走馬灯/瀧春一

走馬燈灯入れて夫と二人きり/山口波津女

俳句例:141句目~

走馬燈燃えし騒ぎのしづまりぬ/成瀬正俊

ひとり見るわが手枕や走馬燈/高橋淡路女

灯が絶えてより寧らかに走馬燈/菖蒲あや

ふけし夜に水の色して走馬灯/大村美和子

ふと語る子無きを旅の走馬燈/鍵和田釉子

火を入れて明るむまでの走馬灯/鷹羽狩行

火を入るるかろきを支へ走馬燈/皆吉爽雨

子等いねて走馬燈よくまはる/軽部烏帽子

走馬燈はじめなければ終りなし/岸風三楼

走馬灯けふを去らせて遠きかな/小林康治

走馬灯置かれて翳もなかりけり/小林康治

走馬燈見つめてをりてふと不安/西村和子

走馬灯えにし濃しとも淡しとも/佐野美智

走馬灯余生駈け去るばかりかな/小林康治

全身で泣きし日ありぬ走馬燈/平木智恵子

走馬燈まはれり虚吼ものいはず/岸風三楼

走馬灯ひよひよと薄く假なれや/松瀬青々

走馬燈めぐるこの世を素通りに/杉原昌子

走馬灯あたりの闇も廻るなり/山崎一之助

日がさして白ばかりなる走馬燈/藤岡筑邨

俳句例:161句目~

思ひ出にあらざるはなし走馬燈/京極杞陽

走馬灯廻らぬもあり不死男の忌/堀内一郎

夜に訪ふことはめづらし走馬燈/星野立子

虚子茂吉虚子茂吉わが走馬灯/高田風人子

走馬灯越せざる影を追ひつづけ/毛塚静枝

走馬燈句会の母に長き留守/阿部みどり女

目つむれば亡き人がゐる走馬燈/木村世津

走馬燈ともしてほかの話する/成瀬正とし

走馬燈廻るあの世の子を連れて/青木博史

走馬燈売れぬ灯明り地にまはす/中村秋晴

風入りしためらひしばし走馬灯/松瀬青々

走馬灯灯して売れりわれも買ふ/杉田久女

痩せて男肥えて女や走馬燈/竹下しづの女

走馬燈女ばかりのゆふべなる/古賀まり子

走馬燈ながるゝごとく人老ゆる/西島麦南

病む夫の廻して飽かず走馬燈/石田あき子

黄泉よりの熊野の暮色走馬燈/町田しげき

燈を入るる顔の暮れをり走馬燈/浦野芳南

十二支みな闇に逃げこむ走馬燈/黒田杏子

燈ともせば侏儒が遊ぶ走馬燈/高橋淡路女

俳句例:181句目~

走馬燈女いつかは捨てられて/鈴木真砂女

走馬燈後あゆみに止りけり/菅原師竹句集

走馬燈昼はおろして置くべかり/原コウ子

走馬燈えにし濃しとも淡しとも/佐野美智

おなじ絵の売れのこりゐる走馬燈/後藤夜半

けふすでに過去となりゆく走馬灯/中村信一

風にふつと消え走馬燈とどまらず/福田蓼汀

走馬燈暗きあたりに亡母のこゑ/山田みづえ

ささやきをかはしてともす走馬燈/石原八束

さよならをくりかへしゐる走馬燈/石原八束

走馬燈の灯かげこぼるる胸の辺に/内藤吐天

吊り添へて同じくまはる走馬燈/五十嵐播水

もてなさる巒気に走馬燈ともし/町田しげき

万里行く娘が買ひくれし走馬燈/町田しげき

走馬燈の灯も絶え勝ちや梅雨嫌/島村元句集

走馬燈ふつ消して夜雨いたりけり/水内鬼灯

ひんがしの日に照らされて走馬燈/山口誓子

涼しさのさびし走馬燈火をつがん/渡辺水巴

走馬燈をとこをみなの他あらず/小島千架子

買つて来てすぐつるされし走馬燈/稲畑汀子

タイトルとURLをコピーしました