季語/そぞろ寒を使った俳句

「そぞろ寒」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「そぞろ寒」について

【表記】そぞろ寒

【読み方】そぞろさむ

【ローマ字読み】sozorosamu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・すずろ寒(すずろさむ:suzurosamu)

・そぞろに寒し(そぞろにさむし:sozoronisamushi)

季節による分類

・「そ」で始まる秋の季語

・「秋の時候」を表す季語

・「仲晩秋」に分類される季語

スポンサーリンク

そぞろ寒を含む俳句例

杣小屋の掟三行そぞろ寒/檜紀代

そぞろ寒鶏の骨打つ台所/武田寅彦

そぞろ寒兄妹の床敷きならべ/安住敦

そぞろ寒金剛経の届きけり/永田耕衣

一室に木乃伊六体そぞろ寒/高澤良一

句会果て井川博年そぞろ寒/八木忠栄

繕ひつつ使ふ身一つそぞろ寒/岡本眸

鵜供養の鵜飼装束そぞろ寒/岩島妙子

そぞろ寒千手に目ある観世音/三橋敏雄

そぞろ寒山湖すれすれ雲覆ふ/岡田日郎

そぞろ寒心ならずもつきし嘘/石川幸子

そぞろ寒懺悔の椅子の油いろ/木村公子

やおら起つ右が軸足そぞろ寒/高澤良一

忘れゐし投函に出てそぞろ寒/手塚基子

法善寺月欠けて出るそぞろ寒/吉年虹二

そぞろ寒さそへるものに秒針音/高澤良一

そぞろ寒刑に耐ふるをみならも/丸山哲郎

そぞろ寒白毛を抜きし喉ぼとけ/角川春樹

そぞろ寒脳動脈図藻のやうに/池上貴誉子

そぞろ寒膝抱いて人の話聞く/松崎鉄之介

俳句例:21句目~

そぞろ寒金掘る人形またたかず/吉田銀葉

寝の早き城下古町そぞろ寒/細見しゆこう

沖つ浪見つつ髪梳くそぞろ寒/鈴木真砂女

震災/引揚/水禍一生そぞろ寒/近藤一鴻

いまどきのはやり唄聴くそぞろ寒/藤平寂信

そぞろ寒く梅樹が噴ける笠菌/長谷川かな女

そぞろ寒布施書くだけの墨をする/犬塚藤子

そぞろ寒捨つべき上着なほ着古し/高澤良一

憩ふときモデルは黒衣そぞろ寒/小金井絢子

料られし海老の髭生きそぞろ寒/鈴木真砂女

そぞろ寒茄子の白きをちぎりけり/島田九万字

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ