季語/炭火(すみび)を使った俳句

「炭火」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「炭火」について

【表記】炭火

【読み方】すみび

【ローマ字読み】sumibi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・炭頭(すみがしら:sumigashira)

・燻り炭(いぶりずみ:iburizumi)

・跳炭(はねずみ:hanezumi)

・走炭(はしりずみ:hashirizumi)

・尉(じょう:jo)

・おこり炭(おこりずみ:okorizumi)

季節による分類

・「す」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

炭火を含む俳句例

壷焼や炭火に並ぶ人の顔/篠原

雪の上に炭火旺んや歳の市/暮雪

串の細腰こがす炭火かな/敬天牧童

貫かん嘘美しく炭火燃ゆ/福本竹峰

蛤を炭火に泣かす土間厨/影島智子

看護妻炭火一片許されず/細川加賀

臘八会炭火奢りの焔吐き/飯田龍太

畳古り炭火ともしも新娶り/三谷昭

七輪に炭火熾して靴磨き/添野光子

美しや炭火の白き零落は/鷹羽狩行

流燈は炭火のくらさ横手川/高澤良一

本の背炭火あかりに立ちならぶ/篠原

雪の前炭火ひらきて信濃にゐ/森澄雄

刀鍛冶炭火の色を育てをり/岡田朔風

初釜の炭火をわたる山の色/森句城子

廊暗し炭火を運ぶ僧に逢ふ/加藤楸邨

くわん~と炭火おこれり師走店/篠原

夜祭や炭火に猛ける捨煙草/巌谷小波

薄雪の炭火深雪の炭団かな/小杉余子

禅僧の瞑りてゐる炭火かな/三森鉄治

俳句例:21句目~

方丈の炭火艶めく近松忌/藤村たけし

恋愛の漠たる探り炭火掻く/石塚友二

育てつゝ炭火に心遊ばせて/元重廉直

一喘の焔を上げし炭火かな/鈴木貞雄

己れもの言はねば炭火に呟かる/林翔

人がなす冬蚕に炭火赫々と/栗生純夫

漆屋の炭火の灰の盛り加減/伊藤敬子

庭枯れて遺愛の一間炭火燃ゆ/渡邊水巴

心赤し炭火ゆ灰を削ぎ落し/中村草田男

話しつつかたみに炭火いぢりゐし/篠原

汝が涙炭火に燃えて月夜かな/飯田蛇笏

泥鰌屋に厄日の炭火熾んなり/鈴木鷹夫

炭火みる時間充分ありにけり/杉野一博

くらがりに炭火の紅や何言はむ/齋藤玄

炭火吹き働く齢のこりをり/米沢吾亦紅

どぜう屋の炭火真紅に冬来る/細見綾子

はや炭火の音なくて心みだれ/喜谷六花

緋蕪も飛騨の炭火も赤きころ/石原八束

ふつ~と血を吸ふ炭火さはやかに/篠原

翳したる指の隙間に炭火うつくし/篠原

俳句例:41句目~

星のごと光り消えたる炭火中/高浜虚子

ものおもひ居れば崩るる炭火かな/樗堂

藪ふかく余震の炭火起りをり/萩原麦草

身につきし北国の癖炭火盛る/高木餅花

逢ふに似てはねる炭火や年忘/石川桂郎

鉛筆もてひろぐ炭火や夫はなし/桂信子

錆鮎の桶に跳ねをり炭火燃ゆ/寺岡捷子

亢ぶれる炭火を運びきたるひと/辻桃子

雁鳴くや炭火を移す炉の湿り/井上井月

人訪ひて炭火賜ふも天城かな/渡辺恭子

何も彼も遙に炭火うるみけり/石田波郷

倖をさぐる手かざす炭火かな/杉山岳陽

別るゝや炭火なほ燃え閑古鳥/渡辺水巴

寒泳の炭火を土の上に焚く/田中午次郎

寝ぬる頃少し残りし炭火かな/石井露月

小庵や夕づく炭火にほやかに/西島麦南

屠蘇注ぐや袂の隙に炭火赤し/中村汀女

山樫の炭火に燃ゆる古葉かな/西島麦南

幼にして運命数奇炭火濃し/野見山朱鳥

庭を来る山家料理のよき炭火/桂樟蹊子

俳句例:61句目~

ほとけより美しかりし炭火かな/内田美紗

炭火赫と虚無の弁舌うべなへり/赤尾兜子

調書取る被疑者に炭火継ぎ足して/大谷静

熾んなる炭火に声をおとしつつ/佐野良太

熾んなる炭火ほてりの句帖にも/小林正夫

濡れ豆腐焼くや炭火の総紅蓮/中村草田男

こころよき炭火のさまや三ヶ日/飯田蛇笏

弾初にあかり立てゐる炭火かな/増田龍雨

炭火ふくおちよぼ口してをさな顔/上村占

鮠を焼く炭火あかあか真室川/田川飛旅子

竹散るや火熨の舟に炭火載り/中戸川朝人

わが母とゐるごとく居て炭火美し/岡本眸

罪業の血のうつくしさ炭火に垂らす/篠原

年かはり炭火匂つてゐるばかり/藤木清子

人来ずや炭火を吹つ茶を煮をり/岩木躑躅

炭火の香うつり易しや若き掌は/野澤節子

岩焼くうすくれなゐの炭火かな/佐川広治

朝々の炭火つゆけく菜種咲く/金尾梅の門

斯かる人ありきと炭火育てつつ/星野立子

見てをれば心たのしき炭火かな/日野草城

俳句例:81句目~

炭火吹くやまざと幼きおのが顔/林原耒井

言はざれば炭火の洞にほのほ満つ/西垣脩

炭火吹く口尖らして人あはれ/高橋淡路女

炭火吹く祖母美しい日暮かな/森下草城子

炭火しづか無理難題の美しく/正木ゆう子

倖を炭火の如くあたゝむる/野見山ひふみ

うつくしき炭火蕪村の忌なりけり/岸風三樓

うらぶれし夜は美しき炭火かな/鷲谷七菜子

かきたてゝ炭火へりゆく旅籠の夜/河野扶美

かまくらのうしろの闇へ炭火捨つ/牧石剛明

くらがりに炭火たばしる雨月かな/石田波郷

炭火途中にて真つ黒に消えゐたる/右城暮石

わがうしろ炭火匂ひて運ばるゝ/平田佐久男

夜もすがら句作る炭火育てけり/吉岡禅寺洞

藁灰のなかの炭火まなかより焔す/喜谷六花

我が憂き顔の凸凹を感じ炭火吹く/大橋裸木

対き合うて安堵の炭火いや燃やす/杉山岳陽

炭火吹き技師の宿命を妻は知る/米沢吾亦紅

手を裏がへしても炭火の翳がある/近藤一鴻

妻の愚痴わが愚痴炭火うつくしく/岸風三楼

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ