季語/葱鮪(ねぎま)を使った俳句

「葱鮪」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「葱鮪」について

【表記】葱鮪

【読み方】ねぎま

【ローマ字読み】negima

子季語・関連季語・傍題・類語など

・葱鮪鍋(ねぎまなべ:negimanabe)

・鮪鍋(まぐろなべ:maguronabe)

季節による分類

・「ね」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

葱鮪を含む俳句例

一族の影の濃くなる葱鮪鍋/八木荘一

葱鮪鍋つつく合縁奇縁かな/清水基吉

葱鮪鍋もも引渡世難きかな/秋山夏樹

葱鮪鍋下町に闇にはかなり/伊藤完吾

四代を生きて傘寿や葱鮪鍋/町田しげき

居酒屋に靄たちこむる葱鮪かな/井上唖々

たれかれの話となりし葱鮪かな/斎藤優二郎

あたたかき葱鮪の湯気やぶしやうひげ/日野草城

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ