季語/袋角(ふくろづの)を使った俳句

「袋角」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「袋角」について

【表記】袋角

【読み方】ふくろづの

【ローマ字読み】fukurozuno

子季語・関連季語・傍題・類語など

・鹿の袋角(しかのふくろづの:shikanofukurozuno)

・鹿の若角(しかのわかづの:shikanowakazuno)

・鹿茸(ろくじょう:rokujo)

季節による分類

・「ふ」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

袋角を含む俳句例

風裏に逢ふ神鹿の袋角/巌谷小波

海の日が松を昇りぬ袋角/古館曹人

片方の出遅れてゐし袋角/茨木和生

神仏の血を混沌と袋角/赤松ケイ子

袋角春日灯籠の隙間より/岩崎照子

柵に人立てば貌よせ袋角/天野十雨

山の霧降り来て濡らす袋角/岸田稚

草くれて別れゆく人袋角/高野素十

晴天にいたいたしきは袋角/北光星

袋角月夜細目に丸く寝て/赤尾兜子

雄心のほのかに紅し袋角/高木一恵

袋角脈々と血の管通ふ/橋本多佳子

袋角まで白鹿は白くなる/山口笙堂

決然として触れしめず袋角/赤松子

きのこ飯家兄の獲たる鹿茸を/瀧春一

枝岐れするふくらみの袋角/茨木和生

森にゐて木よりも涼し袋角/平畑静塔

森はいま夜明のさやぎ袋角/渡辺夏代

袋角夕陽を詰めてかえりゆく/澁谷道

袋角欝々と枝を岐ちをり/橋本多佳子

俳句例:21句目~

袋角熱あるごとく哀なり/中田みづほ

袋角憂く口中に草練り噛む/津田清子

集りてみな眠りをり袋角/高野冨士子

この鹿や人なれがほに袋角/百合山羽公

そでかけておらさじ鹿の袋角/斯波園女

袋角さはりて薪積みてをり/佐々木六戈

袋角旅愁の我にしばし蹤く/大久保白村

袋角定かにそれとあはれなり/高濱年尾

袋角森ゆきゆきて袋つきぬ/橋本多佳子

袋角病めるごとくに傾ぎ立つ/井沢正江

袋角島はうごいているような/永末恵子

見おぼえのある顔をして袋角/後藤夜半

闘志見す袋角もつ頭を低め/橋本美代子

雨後の木々夕日をこぼす袋角/細見綾子

袋角なまあたたかさ慕情かな/後藤綾子

飛火野に弾んでをりし袋角/稲畑廣太郎

やはやはと女人が触れる袋角/宮川杵名男

手にふれてあたたかかりし袋角/亀田正男

四肢折つて人を眼で追ふ袋角/岩坂満寿枝

竹柏の葉擦れ愛しきものは袋角/中北綾子

俳句例:41句目~

袋角さはればよけて又従き来/野村くに女

袋角鬱々として枝を岐ちをり/橋本多佳子

袋角突き合せゐるあはれさよ/金子/九九

飛火野の日のやはらかに袋角/篠塚しげる

袋角いまだけぶれるごとくなり/伊丹三樹彦

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ