季語/雹(ひょう)を使った俳句

「雹」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「雹」について

【表記】雹

【読み方】ひょう

【ローマ字読み】hyo

子季語・関連季語・傍題・類語など

・氷雨(ひさめ:hisame)

・冰雨(ひさめ:hisame_)

季節による分類

・「ひ」で始まる夏の季語

・「夏の天文」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

雹を含む俳句例

鐵兜玄光迸る氷雨かな/幸田露伴

雹害の村の女に導かる/萩原麦草

烈日やころげし雹に草の影/原石鼎

警笛に頭光に氷雨降りまどふ/篠原

雹なるや庭の畠の菜に鳴れる/篠原

葛城の神雹降らす桜かな/野村喜舟

大雹や鹿の子冒し杜犯し/下村槐太

手術室氷雨の街と相隣る/横山白虹

眼の奥を鉛が填める氷雨行/三谷昭

石楠花の紅迸る雹のあと/岡田貞峰

雹やみし甘藍畠の日照雨/西島麦南

大皿にたまりし雹や陶器市/栗原政子

三鬼忌の雹の水輪の大粒に/石田波郷

町空のくらき氷雨や白魚売/芝不器男

子育ての白鳥に夕立雹混へ/関森勝夫

兜虫落ちてまた飛ぶ雹の中/藤原如水

峡の天底鳴り雹の走りけり/宮坂静生

雷神降るその圏族の雹が降る/小澤實

雹の晴大熊笹のいよよ澄む/赤尾兜子

掛稲に氷雨降るなり市原野/野村泊月

俳句例:21句目~

教会の奥ほど氷雨激しかり/対馬康子

雹の夜や日本霊異記の如し/高橋柿花

雹の中これ天人ぞ人ぞ人ぞ/永田耕衣

村黙す二日続きの雹害に/吉村ひさ志

山ちかく山の雹降る石の音/三橋敏雄

童謡の母は迎えに来ぬ氷雨/対馬康子

氷雨して野は竹馬の子に光る/晩羊原

氷雨また氷雨寸鉄帯びざる身/三谷昭

雹はれて又蒼空や梅かほる/鈴木花蓑

国有林にほふ氷雨の窓開く/宮武寒々

風倒木雹こゑあげて峠こゆ/石原八束

雹止みて天上雷を残しけり/大川千里

雹降りし夜の星として腥し/石塚友二

雹降るや冽々として花の色/野村喜舟

脇ばさむ天女も無けれ雹の中/永田耕衣

生つづく黒い氷雨につつまれて/三谷昭

雷と雹その下にまだ蚕飼ふ/百合山羽公

戻り鵜を発止発止と氷雨打つ/倉橋羊村

雹しばし主客の話またもとに/河野静雲

雹の瘤皆に笑はれ見られをり/河野静雲

俳句例:41句目~

紫陽花にたばしる雹や雨の中/西島麦南

雹のあと蘂真青に梅こぼれ/水原秋櫻子

白梅にこはそも氷雨の降日哉/高井几董

暁の雹をさそふやほとゝぎす/榎本其角

雹のあと空の蒼さや畑打つ/大谷碧雲居

雹たばしる音のひとつに青柏/野澤節子

氷雨来る財閥の名が機関車に/武田伸一

石菖に氷雨す流れはやみけり/石原舟月

蓮池のみるかげもなく氷雨ふる/上村占

雹ころがりて烈日の大地かな/清原枴童

鍋もとはしんがり急ぎ雹叩く/福田蓼汀

二つ三つとびたる雹や秋夕立/高野素十

氷雨する空ヘネオンの咲きのぼる/篠原

野辺送る鉦や氷雨の畦とほる/小林泰子

氷雨の夜鼈甲の虫を灯に払ふ/宮武寒々

氷雨ふる道を跣足の力士かな/鈴木貞雄

取りあへず苗一籠や雹見舞/斎藤俳小星

氷雨よりさみしき音の血がかよふ/篠原

雹の音こころに昏く麦ありぬ/臼田亞浪

竹千竿すずめかくるる氷雨かな/中勘助

俳句例:61句目~

君はいま大粒の雹、君を抱く/坪内稔典

雹去つて朴の夕照り流れけり/中島月笠

雹去るといふ忽ちに梅が香や/永井龍男

雹受けし葉のずた~や花煙草/瀬野直堂

沸沸と雹浮く沼のおもたさよ/三橋敏雄

雹害の麦より蝶の藪生れて/柴崎左田男

雹打つて奇しく明るく並ぶ墓/成田千空

雹晴れし遠山襞の紫紺かな/楠目橙黄子

小豆粥氷雨の甲斐に婿が来て/塚本邦雄

雹来べし耳をたてたる筑波山/吉田高浪

四百の牛掻き消して雹が降る/太田土男

雹跳ねてをりその他の音のなし/岸田稚

雹降つて悪魔の畑けむりけり/佐藤鬼房

妹の婚へ早息氷雨あふれくる/寺田京子

雹晴れて豁然とある山河かな/村上鬼城

雹青し熊出没とあるあたり/金箱戈止夫

音たてゝ時雨は氷雨とも思ゆ/高木晴子

雹晴れて豁然とある山河かな/村上鬼城

雹にうたれ白さも白し大桜/長谷川かな女

クリスタル砕けたるごと夕立雹/関森勝夫

俳句例:81句目~

雹の音飼屋の根太に突き通る/百合山羽公

ベルサイユ宮殿を打つ雹の玉/大沢ひろし

雹ふりし名残の冷えと星降れり/石塚友二

一夜緑に遠く氷雨の中の媒酌/小泉八重子

四時ある国の氷雨にあしび咲き/下村槐太

夢醒めて母亡しくるし氷雨熄む/堀口星眠

小机やしばらく雹にまかせつつ/小池文子

居てほしき妻を帰せる氷雨かな/西本一都

山百合に雹を降らすは天狗かな/渡邊水巴

常住の世の昏みけり雹が降る/中村草田男

雹晴の千木にやすらふ鷹見たり/高田蝶衣

摩周湖に雹うつ霧のをどり湧く/石原八束

日輪にさわりなき雹止みにけり/萩原麦草

暗がりに氷雨抜けきし傘たたむ/対馬康子

月欠けて野川を照らす雹のあと/堀口星眠

枇杷の花しくしく氷雨下りけり/臼田亞浪

雹降って天立ち直る穂麦かな/百合山羽公

雹降つてしばらく榧の匂ひけり/古舘曹人

雹降つて天立ち直る穂麦かな/百合山羽公

橋打って雹の過ぎゆく静けさよ/黒田杏子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ