季語/たかし忌を使った俳句

「たかし忌」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「たかし忌」について

【表記】たかし忌

【読み方】たかしき

【ローマ字読み】takashiki_

子季語・関連季語・傍題・類語など

・牡丹忌(ぼたんき:botanki)

季節による分類

・「た」で始まる夏の季語

・「夏の行事」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

たかし忌を含む俳句例

中啓に潮風わたる牡丹忌/木村蕪城

たかし忌の旧居へ鼓草の遺/井沢正江

たかし忌の甘夏蜜柑偽れる/石川桂郎

取出だす遺愛の鼓牡丹忌/松本つや女

牡丹忌と僣称すべく亡妻に/河野静雲

牡丹忌や現れさうな獅子の舞/酒井武

たかし忌の寺より見ゆる城ケ島/上村占

たかし忌の東司にて聴く時鳥/西宮正雄

たかし忌の鎌倉遠し牡丹散る/大島民郎

たかし忌の朝人知れず沖に虹/横川内蔵助

たかし忌の滝に正面して冷えぬ/本田静江

たかし忌の白扇が打つ膝拍子/鷲谷七菜子

たかし忌の芥子卓上に花散らす/大橋敦子

たかし忌や宇陀のはづれに能舞台/鈴木太郎

たかし忌や生れてみどりの蜘蛛走り/岩崎健一

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ