季語/暑し(あつし)を使った俳句

「暑し」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「暑し」について

【表記】暑し

【読み方】あつし

【ローマ字読み】atsushi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・暑さ(あつさ:atsusa)

・暑苦し(あつくるし:atsukurushi)

・暑(しょ:sho)

・暑気(しょき:shoki)

・暑月(しょげつ:shogetsu)

・暑熱(しょねつ:shonetsu)

季節による分類

・「あ」で始まる夏の季語

・「夏の時候」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

暑しを含む俳句例

葬や半日暑き独活畠/岸田稚

萱草は随分暑き花の色/荷兮

暑き日や栢槇一樹甃/尾崎迷堂

眼前に人出て暑し浜の町/石鼎

へつらへる心ぞ暑き夏袴/越人

満月に暑さのさめぬ畳哉/一茶

恋仇川泥暑き路上たり/三谷昭

内張の銭の暑さや土用干/許六

咳暑し茅舎小便又漏らす/茅舎

正客や暑さぞまさる床柱/雪色

菜畠に残る暑さや瓜の苗/許六

暑き日や火の見櫓の人の皃/一茶

暑き日や馬屋のなかの糠俵/恕風

三ツ二ツ星未だ暑し夕涼み/子曳

心なき石とも見えぬ暑さ哉/五始

撫て見る石の暑さや星の影/除風

是ほどの三味線暑し膝の上/来山

日今蔭を残さず街暑し/島田青峰

暑き夜を唄で参るや善光寺/一茶

木の瑞の坊主も暑し六月会/麦水

俳句例:21句目~

飯鐘の起つに懶き暑さ哉/森鴎外

物申の声に物着る暑さかな/也有

憖じひに兀長持の暑さかな/如行

傘の匂うてもどる暑さかな/涼袋

ぎす暑し青三方原歩かれず/羽公

靴音の暑さ呆けの穹の花/松澤昭

暑き日の刀にかゆる扇かな/蕪村

湖に暑さ去りゆく夕かな/星野椿

麻薬嗅ぐ犬ゐて暑き国境/堀恭子

深庇蝶ぶらさがる暑さかな/槐太

痩馬のくらつぼ暑し藁一把/史部

香盤の煙も暑き庵かな/上島鬼貫

我宿は下手の建たる暑さ哉/田福

大空の見事に暮るる暑さ哉/一茶

大蟻の畳をありく暑さかな/士朗

松一里帰路暑き日を荷ふ哉/麦水

門の月暑がへれば友もへる/一茶

小豆餅売そゝくれし暑さ哉/青畝

山の端に残る暑さや大文字/宋屋

柴垣のさはると折れる暑さ哉/周禾

俳句例:41句目~

濤暑し石に怒れるひゞきあり/暁台

暑き夜や井戸に水なき夏の月/荻子

暑き日を海に入れたり最上川/芭蕉

放埒の今生終るかに暑し/小林康治

文月や田伏の暑き仮り厠/飯田蛇笏

濁り江の泡に皺よる暑さかな/几董

暑き日に面は手習した子かな/一茶

休日の塵用暑き雨衡きて/石塚友二

飛石にとかぎの光る暑さかな/太祗

風鈴や暑き枕を裏返す/田川飛旅子

暑き夜や夢見つつ夢作りつつ/遷子

暑さ町を流れ居て夜の人通り/年尾

牛込に春陽堂や暑き冬/芥川龍之介

しほたれし我大布の暑さかな/直生

やや暑し弾痕に続く石畳/香西照雄

湖や暑さを惜しむ雲の峰/松尾芭蕉

長雨のあとの暑さや花葵/増田龍雨

桐の葉に挨のたまる暑さかな/孤屋

暑き日や猿若髭をはづしけり/曲翠

木枕に耳のさはりて暑き也/炭太祇

俳句例:61句目~

銀漢や僧衣の裾の闇暑し/小林康治

海底も暑しと階を登りくる/辻桃子

遊郭を暑しと師範學校生/筑紫磐井

跡とめて残る暑さや仕廻風呂/西勝

浪音も静かに暑し綿の花/高濱虚子

赤土の崩れて暑し山の原/京-竹翁

貝塚の原人出でよ風暑し/高井北杜

坑外は暑し坑内尚暑し/河原比佐於

暑さにも十両級と横綱級/高澤良一

夏かけて名月暑き涼み哉/松尾芭蕉

浜暑し松喰虫のひろがりて/森田峠

夕顔や髻上げて夜の暑さ/後藤夜半

夕風に暑さ残りし石畳/小川濤美子

薪割るや朝より暑き桐畠/石田波郷

池暑し我が幽体の足音達/永田耕衣

石の香や夏草赤く露暑し/松尾芭蕉

粛山のお相手暑し昼一斗/正岡子規

葛の葉の上を風吹く暑さかな/立子

下帯のあたりに残る暑さかな/李由

春喰ふた草にも暑き垣根かな/兎足

俳句例:81句目~

懶さも暑さも残る己かな/野村喜舟

萩芒二百十日の暑さかな/増田龍雨

牛頭馬頭の徘徊暑し恐山/高澤良一

民具館暑し臼/桶/箱枕/辻田克巳

芭蕉玉巻のぼる暑さかな/室生犀星

船暑し干潟へおろす米俵/飯田蛇笏

航空燈台暑し草山尨然と/渡辺水巴

朝暑し複々線の踏切越す/右城暮石

腹中に残る暑さや二万巻/子規句集

筆耕や一穂の灯に暑き宵/飯田蛇笏

打倒すやうに犬臥す暑さ哉/森鴎外

肌寒も残る暑さも身一つ/高浜虚子

暑き夜欅は人の灯に離れ/大井雅人

山刀伐峠のかくも暑き日祠神/原裕

聴講に居眠り多き暑さ哉/会津八一

聞法の暑き広間も尊けれ/島田青峰

森の蝉すずしきこゑや暑き声/乙州

老猫の耳透く暑さ兆しけり/及川貞

纏足の婆に会ひたり蒸暑し/杉本寛

梢まで来て居る秋の暑さかな/支考

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ