季語/竹煮草(たけにぐさ)を使った俳句

「竹煮草」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「竹煮草」について

【表記】竹煮草

【読み方】たけにぐさ

【ローマ字読み】takenigusa

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「た」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

竹煮草を含む俳句例

爆薬庫に山径果てつ竹煮草/林翔

竹煮草三国湊へ道別れ/佐野美智

恐山地獄の道の竹煮草/三谷貞雄

饒舌の風が明るく竹煮草/河野南畦

開拓の捨て石の山竹煮草/太田土男

公園の出口違へて竹煮草/満田玲子

十一面の一つ悪相竹煮草/山田凉子

田より来る大粒の雨竹煮草/神蔵器

秋天へ白き葉裏を竹煮草/佐野良太

川上に一燦の過去竹煮草/飯田龍太

竹煮草昔鉄道官舎かな/北見さとる

雲を出し富士の紺青竹煮草/遠藤梧逸

被爆者の万の声聞く竹煮草/河野南畦

烈風に崖みがかれて竹煮草/倉根文吾

老婆過ぎ風のむらがる竹煮草/桂信子

竹煮草立ち往生の末に咲く/大石雄鬼

竹煮草無縁仏の荒れしまま/道川虹洋

山影の切込んでくる竹煮草/矢島渚男

愚さの伸び放題や竹煮草/松根東洋城

竹煮草霧の雫のかぞへられ/加藤楸邨

俳句例:21句目~

竹煮草電車大きく曲り来る/細川加賀

竹煮草長けて近道真昼なり/窪田玲女

束なして山の雨降る竹煮草/清崎敏郎

竹煮草練馬の空を書割りて/永園皓哉

竹煮草一番先に刈られけり/下間ノリ

竹煮草夜も動かぬ雲ありて/原田青児

むんむんと赤土蒸すや竹煮草/高澤良一

伐り倒す露もろともの竹煮草/草間時彦

友が家へしばらく没す竹煮草/石川桂郎

竹煮草女の貌の変な時刻/長谷川かな女

吹く風の葉裏へばかり竹煮草/井沢正江

喪の家となりて吹かるる竹煮草/斎藤玄

嘘言へば嘘がまことや竹煮草/今井和代

夕べきていつも出て見る竹煮草/森澄雄

横ざまの雨もろともや竹煮草/草間時彦

河原火に夕かげのそふ竹煮草/石原舟月

涙ぐむ馬の眸にあふ竹煮草/内山せつ子

百日の濃き日過ぎゆく竹煮草/関戸靖子

竹煮草すがり地辷り地帯かな/西本一都

馬飼も馬柵して住めり竹煮草/前田普羅

俳句例:41句目~

竹煮草働くものは翳もたず/石田あき子

竹煮草咲く荒寥の右へ基地/殿村菟絲子

竹煮草夕べ湯気あぐ湯の川は/大野林火

竹煮草山路の昼をさだかにす/松村蒼石

竹煮草枯れて野の雲大いなる/内藤吐天

竹煮草法界いつも灯の彼方/土橋石楠花

竹煮草浅間は雲の湧くごとし/巌谷小波

竹煮草笑ひの逃げし顔ばかり/今井誠人

竹煮草雨雲が来て消えてゆく/廣瀬直人

肉身やとどろいてゐる竹煮草/桑原三郎

荒れ易き湯の渓ならん竹煮草/岡田日郎

避けし日のまた顔に来る竹煮草/岸田稚

竹煮草しらじら残し降り出しぬ/原田種茅

竹煮草ほどの喬さはかなしけれ/西本一都

竹煮草はじめて人を得しか咲く/佐野良太

竹の根の竹煮草など刈るやらん/北原白秋

竹煮草夜は化け草のをんな関/加藤知世子

眸が痒し寝足りし雨の竹煮草/稲垣きくの

死ぬなどと思うてをらぬ竹煮草/川上弥生

竹煮草雨あたふたと駆け抜けて/高澤良一

俳句例:61句目~

掴みたる竹煮草より土堤を刈る/井沢正江

箱根路の何だ坂こんな坂竹煮草/高澤良一

旅の日を伸ばして使ふ竹煮草/猪俣千代子

竹煮草わるびれず枯いそぎけり/松村蒼石

竹煮草婆はころりと死にしかな/宮田正和

うらぶれを匿す葉を張り竹煮草/草間時彦

電柱にシヤベル凭れぬ竹煮草/徳永山冬子

いつよりを夕方といふ竹煮草/片山由美子

竹煮草夜々の雷火のたばしれる/馬場移公子

秋の日にあはれはみせず竹煮草/稲垣きくの

竹煮草見えぬところにあざをもつ/平井照敏

暑き日やをどり出でたる竹煮草/山田みづえ

竹煮草雨いさぎよく過ぎ去りぬ/小俣由とり

竹煮草たたきて山雨はじまりぬ/鷲谷七菜子

名を知ればどこにでもあり竹煮草/関根章子

竹煮草粉を噴くおのれ労らねば/加倉井秋を

背のびして目立ちたがりの竹煮草/川下かつえ

ほぐれゆく霧のむらたつ竹煮草/阿部みどり女

竹煮草アトリヱ建つと刈られけり/石田あき子

これが竹煮草かと四五人を先へやる/細見綾子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ