季語/筍飯(たけのこめし)を使った俳句

「筍飯」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「筍飯」について

【表記】筍飯

【読み方】たけのこめし

【ローマ字読み】takenokomeshi

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「た」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

筍飯を含む俳句例

駅前の筍飯も旅の味/高橋悦男

筍飯吾の胃袋底なしよ/楠節子

夫好む筍飯を炊きにけり/きよみ

御僧達筍飯にかくし味/河野静雲

早々と筍飯の届きけり/甲斐月生

目黒なる筍飯も昔かな/高濱虚子

筍をもらひ筍飯もらひ/綾部仁喜

からつぽの筍飯の釜洗ふ/白石順子

とびとびに三日筍飯の寺/滝口芳史

もてなしの筍飯や田螺和/正岡子規

二合炊く筍飯や次郎来る/蓮見宏子

僧院の筍飯に日課終ゆ/上田正久日

快復の筍飯でありにけり/山田閏子

朝は微震夜は筍飯旨し/百合山羽公

栗の花筍飯は過きにけり/正岡子規

禅寺の筍飯を食ひにゆく/長野唯生

泊めくれて筍飯の二尊院/岸本韮村

筍飯捧ぐ六夜の月皿に/佐藤久美子

筍飯無事退院の夫に炊く/蕪木啓子

母の忌日筍飯を思ひ出に/加島蜂龍

俳句例:21句目~

初がつをと筍飯の夕餉かな/田中冬二

筍飯夕べ早目に仕掛けけり/保坂文虹

肩巾なく筍飯をたひらげる/大石雄鬼

雨ごもり筍飯を夜は炊けよ/草間時彦

雨も降り筍飯をうまくせり/村越化石

ためらひつ筍飯の進みけり/渋谷ひろ子

ほどきし荷筍飯と決めてゐし/浅利恵子

松風に筍飯をさましけり/長谷川かな女

母の亡き筍飯を噛みにけり/肥田埜勝美

長居して筍飯の炊きあがる/矢野ゆきえ

風呂が沸き筍飯も炊けしとよ/池田秀水

筍飯たれかれ呼びたき人ばかり/判治道子

筍飯や母はいくらかふとり在す/鈴木しづ子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ