季語/初夏(しょか/はつなつ)を使った俳句

「初夏」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「初夏」について

【表記】初夏

【読み方】しょか/はつなつ

【ローマ字読み】shoka

子季語・関連季語・傍題・類語など

・夏の始(なつのはじめ:natsunohajime)

・夏始(なつはじめ:natsuhajime)

・孟夏(もうか:moka)

・首夏(しゅか:shuka_)

季節による分類

・「し」で始まる夏の季語

・「夏の時候」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

初夏を含む俳句例

初夏の厨涼しき蕗の風/中勘助

初夏の鎖を長く弄ぶ/森田智子

初夏や蓬が中の白薊/高田蝶衣

初夏や漆の街の箆供養/塚原允子

初夏の瞳海を飛ぶ蝶一つ/原石鼎

雨一過みよ港町初夏の景/中村汀女

昇り蝶大群青の富士初夏/橋本夢道

採山の頂點ず首夏の松/下村ひろし

初夏や汀の石の微塵鰕/東洋城千句

初夏や一忌を修す海の家/宮武寒々

菜園に初夏の昼情淡々し/飯田蛇笏

初夏や夕月に添ふ星一つ/小沢碧童

手洗の男女のマーク夏初め/執木龍

初夏の波を好めり高波を/藤後左右

幕間や初夏の虹彩踊り段/石塚友二

嶺瞭かに初夏の市民ゆく/飯田龍太

水薬の音せし首夏の抱鞄/宮武寒々

初夏や頬から頬へ翔ぶ光/山岸竜治

初夏や蝶に眼やれば近き山/原石鼎

錦絵の深川にそひ夏はじめ/酒井和子

俳句例:21句目~

見違えるほどの短髪夏初め/渡辺寛子

初夏の乳房の筋の青さかな/野村喜舟

行き戻る東京も鎌倉も初夏/石塚友二

初夏の塩のこぼれし畳かな/長谷川櫂

砂利積みし牛を鞭うつ首夏の浜/林徹

石狩の麦漸くに伸びて初夏/高濱年尾

初夏の学林にならふ賛美歌/筑紫磐井

申分なき日和得て初夏の旅/高浜年尾

楡がくり初夏の廚房朝焼す/飯田蛇笏

来る蝶を親む初夏の病かな/高田蝶衣

はつなつの雲のゆきかふ峰二つ/原裕

初夏の洗ひて白き皿の数/柴田白葉女

初夏や腕に時計のない日曜/菖蒲あや

初夏の眼前の闇一騎飛ぶ/宇多喜代子

初夏や苗圃乾いて真平ら/楠目橙黄子

戸隠へ切符二枚や初夏の旅/武石花汀

初夏や清らに剥ける茹玉子/野村喜舟

少年に黴降る首夏の光堂/増田まさみ

小樽初夏大道芸も運河べり/小倉英男

初夏の銀座闊歩す誕生日/伊藤いと子

俳句例:41句目~

初夏やとぶ木の葉また志/中尾寿美子

奔流や冷えしぞ初夏の蕨汁/渡辺水巴

初夏の白きシーツを泳ぎ切る/仁平勝

川に映ゆビルの林や初夏の朝/峰山清

八ヶ岳首夏の赤肌日に連ね/井上倭子

大盛に奄美の首夏の豚料理/邊見京子

初夏や路の一木がつくる蔭/小杉余子

音楽が聞こゆる初夏の夜の家/皆吉司

初夏を乳房の筋の青さかな/野村喜舟

初夏や水の乗り来る磧にて/尾崎迷堂

青竹樋流れて匂ふ首夏の水/和田祥子

雲仙は初夏の潮路に峙てり/高濱年尾

初夏のうしろ姿に象つかい/宇多喜代子

初夏の氷河くづれて神目覚む/仙田洋子

初夏の海に夫をほり込みたい/藤後左右

初夏の胸ぐるしさの中にあり/二村典子

初夏の雲の姿の成らず日照る/内田百間

初夏の霧薬草園の罌粟に飛ぶ/高濱年尾

初夏の風色ある如く吹き渡る/高木晴子

初夏の風遊船岩をはなれじと/前田普羅

俳句例:61句目~

初夏やたひらに渡る勝鬨橋/小島千架子

初夏や木がくれにきく鍬の音/西山泊雲

初夏のみちぬれそむ雨に桑車/飯田蛇笏

初夏を大きくバッタがとんだ/住宅顕信

国引きの岬が見えて初夏の蝶/多田裕計

はつなつの櫂と思ひし腕かな/田中亜美

夏はじめ五臓六腑を水平に/宇多喜代子

尼が旅手提げ一つに夏初め/高橋淡路女

屑籠は大きめが佳し夏はじめ/高澤良一

庭下駄に足のせ初夏の縁に腰/星野立子

忙しさも心の張りよ風は初夏/稲畑汀子

怯え犬しき鳴き初夏や逢魔刻/石塚友二

朝光の金刷く初夏の孔雀歯朶/渡邊水巴

樅林に斧入れしあとや夏初め/吉田冬葉

樫若葉夏はじめての雲が湧き/中村汀女

はつ夏は何色驢馬の耳のいろ/藤原寿美

毬雲の浪穂より白し夏初め/大須賀乙字

はつ夏や樅をまじへし杉木立/岡井省二

水疲れしてはや首夏の美少年/三橋敏雄

水竜の中の水音夏はじめ/甫喜本のぶ女

俳句例:81句目~

水遁の術しのぶべし初夏の父/鳴戸奈菜

江戸絵図の堀の藍色夏はじめ/木内彰志

流れ藻の長短首夏の佐渡航路/高澤良一

火夫あはれ船底の夏初まれり/藤木清子

用足して丸善に寄る東京首夏/高澤良一

空港に初夏の自動車輝き来/成瀬正とし

膝崩し足袋脱ぐ初夏の女達/殿村莵絲子

茅屋の夏はじめての蛇の音/百合山羽公

草刈って斜里町の夏始まれり/高澤良一

草原のそこはかと木や夏初め/尾崎迷堂

街は初夏竝び走れる馬車の鈴/福田蓼汀

裁台の花鳥畳みて針まつる/小路初夏女

今和尚スペイン歩く初夏の宵/今泉貞鳳

路拡げて塔現れぬ初夏の街/楠目橙黄子

首夏の家朝に深夜に貨車轟き/石田波郷

首夏の濤嬰児ぴんぴん喜ぶよ/辻田克巳

初夏に開く郵便切手ほどの窓/有馬朗人

初夏の卓朝焼けのして桐咲けり/飯田蛇笏

初夏の嶺小雨に鳶の巣ごもりぬ/飯田蛇笏

船団はことごとく航き釧路初夏/帰山綾子

タイトルとURLをコピーしました