季語/夕焼(ゆうやけ)を使った俳句

「夕焼」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「夕焼」について

【表記】夕焼

【読み方】ゆうやけ

【ローマ字読み】yuyake

子季語・関連季語・傍題・類語など

・ゆやけ(ゆやけ:yuyake_)

・夕焼雲(ゆうやけぐも:yuyakegumo)

季節による分類

・「ゆ」で始まる夏の季語

・「夏の天文」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

夕焼を含む俳句例

浅間山夕焼ながら初嵐/鬼城

節分や夕焼の濃き杏色/森澄雄

夕焼の黙人の黙山を崩し/直人

水鳥や夕焼色に芝に在り/篠原

凩や雲裏の雲夕焼くる/臼田亞浪

妻祷る真黄色なる夕焼に/草田男

横顔の夫と柱が夕焼けて/知世子

大和夕焼蛇の穴墓の穴/今瀬剛一

夕焼の流れはやむる砂簾/岸田稚

銃肩に遊牧民や夕焼す/下村梅子

大夕焼鯛眼上に青一抹/香西照雄

梧桐のはや夕焼を隠し得ず/鷹女

夕焼や杉の梢の凌霄花/村上鬼城

夕焼の柱を離れ月日たつ/徳弘純

林檎剥く指も曠野の夕焼を/楸邨

大年の大夕焼や観世音/京極杞陽

夕焼けて天柱宝の夏嵐/飯田蛇笏

焼跡の空朝焼し夕焼す/林原耒井

小説の死を夕焼の中に閉づ/原裕

夕焼や芒野を渡る大鴉/内田百間

俳句例:21句目~

天平の朱の大門や大夕焼/西本俊

一刷きの夕焼雲は隠岐の辺か/峠

夕焼の中に危ふく人の立つ/爽波

水中に夕焼浄土蓮の花/川村紫陽

夕焼は美しけれど農貧し/新津稚鴎

夕焼のくまどつてをる潦/京極杞陽

夕焼の手足洗ひて鵜川びと/渡辺昭

夕焼の雲より駱駝あふれ来つ/楸邨

夕焼雀砂浴び砂に死の記憶/穴井太

夕焼の大きな山に迎へられ/及川貞

十歩して夕焼さめし麻畠/野沢節子

夕焼の真赤に御用納かな/藺草慶子

厨出て夕焼烈し蓼を摘む/桜井亜石

鶏頭の紅夕焼の落し子か/三好潤子

鮮烈な沖の夕焼片身貝/柴田白葉女

風垣夕焼どの少年も固挙/河野南畦

木枯の関東平野夕焼たり/角川春樹

阿修羅王敗れ夕焼終りの朱/岩村蓬

誇張して夕焼空を彩れる/高澤良一

晩稲刈雲の端々夕焼けて/橋本榮治

俳句例:41句目~

蝗の眼今も昔も夕焼けて/柿本多映

練供養その先にある大夕焼/松本旭

夕焼や新宿の街棒立ちに/奥坂まや

夕焼けて遠山雲の意にそへり/龍太

夕焼けて息づく海が魚はなつ/沢聰

種蒔けば天をかぎりの夕焼ぞ/林火

岩桔梗紫消えてなほ夕焼/福田蓼汀

神々の焚火出雲の夕焼は/柴田奈美

白靴に場の睡蓮夕焼けぬ/飯田蛇笏

現じたる夕焼浄土乱雲に/相馬遷子

夕焼はひろし雑草を縺れしめ/槐太

夕焼や鰯の網に人だかり/正岡子規

夕焼て指切の指のみ残り/川崎展宏

夕焼の消えて又雨栗の花/鈴木花蓑

夕焼や梅も桜も固けれど/中村汀女

夕焼の橋に遊んで螢待つ/鈴木花蓑

夕焼の栄光の中胸汗ばむ/斎藤空華

夕刊のなき信州の大夕焼/茨木和生

夕焼へ下水の口のならびたる/白泉

潟橇の跡の一水夕焼くる/奈良文夫

俳句例:61句目~

湿原に夕焼とどく柳葉魚漁/磯部実

夕焼が凍てて泪の粒を生む/三谷昭

夕焼より頭上の夜に眼を移す/展宏

夕焼は天の帝王切開か/田川飛旅子

後山の夕焼刻を落葉鳴る/飯田蛇笏

夕焼の金板の上水馬ゆく/山口青邨

富士の肩棚雲よりも夕焼濃し/篠原

夕焼けの終の光の水平線/高澤良一

渤海も鶏冠山も大夕焼/合田ミユキ

一痕の月も夕焼けゐたりけり/篠原

海上の大夕焼や施餓鬼船/村上鬼城

夕焼も炎に入れて落葉焚/大高千代

海は夕焼裘のぼる坂の町/角川源義

うにの棘青む海底に迄夕焼/杉本寛

夕焼す縁側へ月の供へ物/鈴木花蓑

下雲を透き夕焼けし雲うかぶ/篠原

夕焼けは神話のほとり蝸牛/橋口等

流氷に追はれ来し船夕焼けて/未光

流水に夕焼こごる青胡桃/相馬遷子

五つ六つ門の葵の夕焼や/細谷源二

俳句例:81句目~

夕焼けて何もあはれや船料理/汀女

天と湖夕焼け近江美し國/山口誓子

夕焼の有平糖屋九段下/小島千架子

子を遠く大夕焼に合掌す/中村汀女

人参の村は地中も夕焼けし/大串章

夕焼や海よりおこる巌襖/橋本鶏二

夕焼や運び行く鍋煮ゆる音/香西照雄

夕焼雲ですよと妻の割烹着/向山隆峰

夕焼を巻込む渦や船施餓鬼/矢野聖峰

夕焼の瓦冷えびえ波をたゝみ/上村占

森の夕焼終る靴屋の木椅子にも/綾子

夕焼や空のどこかに挽肉機/江里昭彦

夕焼のテラスのひとの耳飾/木下夕爾

夕焼の中かぎりなく柿落す/内藤吐天

夕焼の吾も変幻の影曳きぬ/古舘曹人

うすけれど夕焼けし雲東にのみ/篠原

お台場の松は黒松夕焼けて/青木重行

桃のなか別の昔が夕焼けて/中村苑子

夕焼や若し夫在らば厨妻/鈴木真砂女

夕焼の奈落が見たし麦踏めり/中拓夫

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ