季語/田草取(たくさとり)を使った俳句

「田草取」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「田草取」について

【表記】田草取

【読み方】たくさとり

【ローマ字読み】takusatori

子季語・関連季語・傍題・類語など

・田の草取(たのくさとり:tanokusatori)

・一番草(いちばんぐさ:ichibangusa)

・二番草(にばんぐさ:nibangusa)

・三番草(さんばんぐさ:sambangusa)

季節による分類

・「た」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

田草取を含む俳句例

泥汗に眦ただれ田草取/大熊輝一

深曇る近江の湖や田草取/柊愁生

太陽と一対一の田草取/八染藍子

尻高の四足獣かや田草取/香西照雄

菅笠や夫婦黙して田草取/黒田湖山

天領の嶺に雲湧く田草取/斎藤梅子

物いはぬ夫婦なりけり田草取/蓼太

先に去ぬ妻へ一瞥田草取/田上鯨波

太陽も金の汗する田草取/辻田克巳

田草取胸乳ほとほと滴れり/加藤楸邨

すぐそこに雨脚白し田草取/相馬遷子

はじめから独りつきりの田草取/黛執

渡海船通れば午時や田草取/松藤夏山

春日山仰ぎていこふ田草取/和田祥子

立つ見れば女なりけり田草取/森無黄

田草取る人男とも女とも/宇多喜代子

百姓の持ちたる國の田草取/高橋睦郎

白鷺を遊ばせゐるや田草取/石田波郷

八ケ岳雨吹きおとす田草取/相馬遷子

前山の緑も雨気の田草取り/和知喜八

俳句例:21句目~

病閑や寝返るいまだ田草取/石川桂郎

田草取る若狭や雨の涼しさに/森澄雄

田草取鯉に面を打たれけり/黒川龍吾

田草取峡の弱日にこそ縋れ/小林康治

田草取了へ泥落してふ湯治/渡部笳声

うしろへも広がる水輪田草取/羽生大雪

鬼無里への道問はれをり田草取/関成美

鷺降ろす一枚は田草取の居ず/原田種茅

一番草畦に片減り見えしかな/能村研三

やゝ遅れ出でゆく母や田草取/高野素十

わがたてゝゐる水音や田草取/依田秋葭

一人来て陸奥の青田の田草取/高澤良一

一人立ち十人が立つ田草取/及川あまき

土手を吹く風とゞかずや田草取/及川貞

一人居て二人目はるか田草取/宮津昭彦

天領や雨に出てゐる田草取/吉本伊智朗

尻向けて汽車を憎めり田草取/石塚友二

憩ひてもきびしき顔の田草取/白岩三郎

日に焦げし古菅笠や田草取/高橋淡路女

暮色より足を引きぬく田草取/中村翠湖

俳句例:41句目~

朝すでにひと畦越えし田草取/遠藤正年

水飲んでくづるる顔や田草取/藤田湘子

火の如き面てを上げぬ田草取/山本波村

田草取に鏡の如き航空路/竹下しづの女

田草取みちのく烏すれすれに/大野林火

田草取る手の甲走り田亀逃ぐ/吉田露文

田草取一人が沈みひとり立つ/宮田正和

田草取沖に漁火ともるまで/杉田久美子

田草取苦しきものは涼しきごと/森澄雄

田草取近くし見ればなげかるゝ/及川貞

盆すぎの稲が目を突く田草取/白岩三郎

祭からつゞく天気や田草取/大場白水郎

蛇去りて田草取女に戻りけり/影島智子

雲流れ水の近江は田草取る/大橋越央子

雲立ちて高嶺とざしぬ田草取/相馬遷子

うちたてば利根の風あり田草取/高浜虚子

きりきりと榛の日のぼる田草取/西島麥南

しづけさの奥の信濃の田草取り/佐川広治

田草取しづけし鷺に見られゐて/大熊輝一

水光る限り暮れても田草取る/後藤比奈夫

俳句例:61句目~

田草取り鵙がときおり山へ飛び/和知喜八

ひたものか一番草をならへども/広瀬惟然

田草取立てば両手を外にひろげ/加藤憲曠

奥津城やはろかの峡に田草取/水原秋桜子

田草取ときには女の仁王立ち/森口千恵子

田草取蛇うちすゑて去りにけり/村上鬼城

田草取る仕草も舞ふて田植祭/三井日月夫

天が下まろき脊を置き田草取/赤松けい子

畦に手足泳がせ憩ふ田草取/久保田月鈴子

四時五時はまだ日盛りや田草取/村地卉木

登校の子等を逆さに田草取る/松倉ゆずる

倶利加羅の棚田幾岐た田草取り/小林康治

人茫々と風雨に没し田草取る/加藤知世子

田草取る僧侶の鼻のうかみ出で/田中裕明

田草取る地声の高き夫婦なり/松倉ゆずる

田草取る手の平ほどの棚田にて/相馬遷子

西日に尻顔のごと出し田草取/川島彷徨子

阿夫利嶺の藍の濃き日や田草取/尾崎迷堂

田草取り向きを変へたる水の音/榎本栄子

田草取る母に声かけ予備に入る/萩原麦草

俳句例:81句目~

雷うたば田に消えむ遠き田草取/小林康治

田草取プールの音のかすかにす/桜井博道

田草引く棘ある草を憎みつゝ/五十嵐哲也

田草取田を出て腰のおよぎけり/鷲谷七菜子

しわしわと湖のきこえて田草取/鷲谷七菜子

一番草湯といふ重きもの提げて/鳥居美智子

毛の国に真日の闌くるや田草取/鷲谷七菜子

田草取り立ち上らねば忘れられ/野見山ひふみ

アンテナのびのび地表に沈む田草取/平井さち子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ