季語/田水沸く(たみずわく)を使った俳句

「田水沸く」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「田水沸く」について

【表記】田水沸く

【読み方】たみずわく

【ローマ字読み】tamizuwaku

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「た」で始まる夏の季語

・「夏の地理」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

田水沸くを含む俳句例

濱人の八十八年田水沸く/原田喬

信玄袋婆に大事や田水沸く/神蔵器

理髪店出る人の影田水沸く/桂信子

民宿の真昼音なく田水沸く/角淳子

すぐ終る村の葬ひ田水沸く/大橋敦子

田水沸く一里が景色松の幹/宇佐美目

磊落の理郎と居れば田水沸く/山口剛

田水沸く札所の村の大鴉/大峯あきら

田水沸き米どころとは昔より/橋本博

落書の役者の名前田水沸く/土屋秀穂

雲白し鬨あぐるごと田水沸く/河野南畦

啄木の歌のふるさと田水沸く/宮下翠舟

安来節安来の田水沸けるころ/大橋敦子

恙なき暮らし日々田水沸く/下硲/紀子

日祷の乙女に近く田水沸く/下村ひろし

晩年や船酔いのよう田水沸く/児玉悦子

沸く田水蛇腹さらして蛇浮かぶ/三谷昭

黒眼鏡暗しふるさと田水沸く/西村公鳳

田水沸く昼のいつとき馬眠り/関川竹四

田水沸く永代経を所望して/佐々木六戈

俳句例:21句目~

田水沸く農の沈むへ振向くな/石川桂郎

田水沸く遠嶺雲を育てつつ/米沢吾亦紅

荼毘煙葡ひゆく方の田水沸く/村上四明

只ならぬめの字絵馬なり田水沸く/辻桃子

老農の眉目しづかに田水沸く/志摩芳次郎

田水沸きねこのつそりと村の昼/小橋末吉

水城址ちぎれちぎれに田水沸く/竹下流彩

被爆忌や油の浮いた田水沸き/下村ひろし

鐘楼の下に来てゐる田水沸く/大峯あきら

田水沸く話聞くとき風まとも/宇多喜代子

田水沸く播磨に鍛冶の神多し/吉本伊智朗

父老いしめ母老いしめて田水沸く/高橋悦男

肥効いて稲くろぐろと田水沸く/市村究一郎

駅よりの道ひとすじの田水沸く/水本/石草

田水沸く錆びた時間がうごきだす/富岡ひろし

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ