季語/天草取(てんぐさとり)を使った俳句

「天草取」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「天草取」について

【表記】天草取

【読み方】てんぐさとり

【ローマ字読み】tengusatori

子季語・関連季語・傍題・類語など

・天草取る(てんぐさとる:tengusatoru)

・天草干す(てんぐさほす:tengusahosu)

・天花菜取る(てんぐさとる:tengusatoru_)

・心太草取る(ところてんぐさとる:tokorotengusatoru)

季節による分類

・「て」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

天草取を含む俳句例

命綱男結びに天草採/安田源二郎

天草を干して色沸く真野岬/斉藤夏風

天草取波間波間にいぶく声/松藤夏山

天草干己が影より影持たず/原田青児

目の下につらなる庇天草干す/森田峠

顔のなき間引地蔵に天草干す/高島茂

命綱まだまだ沈む天草採り/皆吉爽雨

子供らに七夕すぎぬ天草採/石田波郷

盆のものいづれも青き天草干/石田波郷

天草干つばめ鴉も羽根ひろげ/桜井博道

天草干岩の平らを使ひきる/平井さち子

担ぎ来し袋を出して天草干す/茨木和生

天草干す婆の応えの突っ慳貪/高澤良一

天草の夜干にほへる踊かな/肥田埜勝美

天草採眼鏡の顔の大いなる/鈴鹿野風呂

天草干し日傘のなかに赤子囲ひ/宮坂静生

天草干す海女の笑ひの声なさず/綾部仁喜

客のなき宿は天草干してあり/国方きいち

干し干して埃となりし天草かな/福本鯨洋

海女の墓天草干してかくれけり/萩原麦草

俳句例:21句目~

火の島の裾にしたたり天草干す/冨田美和

天草取息吹き鳴らして哀れかも/松藤夏山

舟霊祭る尺の天地も天草干す/松崎鉄之介

波の上は風過ぐばかり天草取/鯉屋伊兵衛

なだらかな浜の起伏に天草干す/鈴木柏葉

ぶちまけて干す天草に雲もなし/田中英子

天草採序でに引ききし鶏冠のり/高澤良一

天草の干されしまゝに乾きたる/鳥井月清

天草干しに大股昼寝足りし海女/佐野美智

磯採りの胸乳水漬けつ天草海女/石塚友二

頬かむり揺れ天草採りの桶眼鏡/古沢太穂

よき海にあらねどといひ天草採/八木林之介

天草取いと子おすゑともぐりけり/松藤夏山

潮引けば天草採りに来るは来るは/小路紫峡

ひろびろと干して天草ならぬなし/宮下翠舟

いとけなく天草採りの海女といふ/清崎敏郎

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ