季語/砂糖水(さとうみず)を使った俳句

「砂糖水」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「砂糖水」について

【表記】砂糖水

【読み方】さとうみず

【ローマ字読み】satomizu

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「さ」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

砂糖水を含む俳句例

妹と偽つて出す砂糖水/筑紫磐井

虫どもゝ末の露なり砂糖水/蓼太

砂糖水金泥で経写し来て/茨木和生

砂糖水飲む文弱の一守衛/小池一覚

休日は老後に似たり砂糖水/草間時彦

凡夫婦色なき砂糖水飲むも/清水基吉

子の膝や流離迹なし砂糖水/下村槐太

学問の夫にすすむる砂糖水/石井信子

心利く老婢なりけり砂糖水/鈴木花蓑

白頭の耳の上まで砂糖水/磯貝碧蹄館

砂糖水くる~廻し尼の箸/阿波野青畝

砂糖水ただふるまふや江戸の町/一茶

砂糖水欲する時刻夫にあり/細見綾子

わが胸の昆虫醒ます砂糖水/磯貝碧蹄館

唇あつるコップの厚き砂糖水/富安風生

山の井を汲み来りけり砂糖水/青木月斗

日が暮れて大きな枝や砂糖水/岸本尚毅

水廻りゐる砂糖水出されたり/茨木和生

砂糖水まぜればけぶる月日かな/岡本眸

砂糖水を欲する時刻夫にあり/細見綾子

俳句例:21句目~

砂糖水ドーナツと来て笹鳴す/石川桂郎

ウヰスキーの少しが味す砂糖水/松瀬青々

もてなしも出来ぬよしみや砂糖水/鈴木花蓑

歳時記に砂糖水ありなつかしき/佐々木美乎

砂糖水いのちものうくなりにけり/草間時彦

砂糖水濡れしコップをそのままに/田中冬二

もてなしの砂糖水とはなつかしき/小林貞一朗

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ