季語/白靴(しろぐつ)を使った俳句

「白靴」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「白靴」について

【表記】白靴

【読み方】しろぐつ

【ローマ字読み】shirogutsu

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「し」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

白靴を含む俳句例

夏果の白靴濁る漂白感/小堤香珠

恐山巡りの白靴戞々と/高澤良一

白靴の汚れ通ひの看取妻/鈴木子

紋白蝶ほどの汚れの白靴に/耕二

白靴は今底抜けの遊びやう/大越晶

白靴に照る洋上の広い道/杉野一博

文学の果の白靴並べ干す/飯田龍太

新しき白靴しかと始発駅/田上久枝

白靴の来し方行方揃えけり/徳弘純

白靴の先突堤の端に出す/池田秀水

船長の白靴海を往来して/津田清子

白靴に信濃古径の土少し/加藤耕子

白靴に場の睡蓮夕焼けぬ/飯田蛇笏

白靴まで少女全容鏡に満つ/大串章

白靴を買ひ旅支度整ひぬ/矢嶋淳子

白靴や鍾乳洞を出るところ/森田峠

白靴に明月院の泥すこし/大屋達治

いさかひて夫の白靴まで憎し/堀恭子

白靴に過ぎし日の甦へる町/山田弘子

白靴の一団お釜を覗き見に/高澤良一

俳句例:21句目~

白靴の男出てきぬ司祭館/星野麦丘人

やや尖る白靴妻はヴァチカンヘ/林翔

白靴の埃停年前方より来/文挟夫佐恵

白靴の小さい方が母のもの/黒川悦子

白靴の弾んでくれぬ旅の雨/稲畑汀子

白靴の歩みそろひし修道女/田島/十

白靴の淡き光に咳くひとり/赤尾兜子

パリー祭白靴巌の上に脱ぎ/岸風三樓

白靴の高さを若き躬に加ふ/池田秀水

白靴や連絡船のタラップを/田中冬二

白靴をあくまで白く北国へ/山田弘子

白靴を少し汚しておろしけり/三浦恭

白靴を脱ぐ瑞巌寺昼ふかく/加藤耕子

土曜日の白靴を抱き麻工女/西本一都

経験の多さうな白靴だこと/櫂未知子

草千里白靴の子を放ちやる/福永耕二

虚子庵の沓脱ぎ石に白靴を/高澤良一

暑に負けて白靴の白日々たもつ/林翔

跫音のなき白靴を選びけり/内田美紗

白靴に岩礁はしる潮耀りぬ/飯田蛇笏

俳句例:41句目~

白靴に朝焼けのして蘇鉄園/飯田蛇笏

白靴に男の過去は匂はざる/行方克巳

白靴に踏む浜砂の曇りたる/内藤吐天

お見合の子に白靴を揃へやる/毛塚静枝

くらがりの白靴いつまでも歩く/岸田稚

白靴を翼代はりに履いてゆく/仙田洋子

白靴や少女大人びやすきこと/藤松遊子

白靴のよごれにけふの旅了る/塚原夜潮

息しづめ白靴の歩を揃へ行く/内藤吐天

森醒ましゆく白靴の少女たち/福永耕二

白靴やサティのワルツを唇に/仙田洋子

白靴や忘れて生きること多き/西村和子

白靴の汚れが見ゆる疲れかな/青木月斗

九十九里浜に白靴提げて立つ/西東三鬼

白靴や葬儀屋主人戻リをり/深見けん二

白靴に急に雨降り急に照り/嶋田摩耶子

山の戸や古白靴ももののかず/飯田蛇笏

白靴の爪先海へ向けて脱ぐ/猿橋統流子

黴を干す古白靴をいたみけり/西島麦南

白靴を踏まれしほどの一些事か/安住敦

俳句例:61句目~

白靴の二三歩拾ひあるきして/佐山文子

メトロから白靴が下り犬が蹤き/須川洋子

リハビリの白靴をもて母立たす/三田逃水

債鬼の間駈け白靴の減りざまよ/楠本憲吉

山駕籠に乗る白靴の脱がれけり/野村喜舟

白靴の中なる金の文字が見ゆ/波多野爽波

白靴もパリーの雨に似合ふもの/高木晴子

白紐のようなるみちを白鞠白靴/阿部完市

白靴や移民送りにうち踏まれ/五十嵐播水

白靴を穿いて歩きしアメリカよ/京極杞陽

よく遊びたる白靴を仕舞ひけり/白根純子

わぎもこの小さき白靴夏は来ぬ/岸風三楼

白靴のよごれなぞりし指はどれ/仙田洋子

白靴買ふ乏しき金を数へ買ふ/石田あき子

スパニール背低し白靴にて愛す/内藤吐天

熱砂ゆくなほ白靴を捨てきれず/野澤節子

白靴の踏まれ~ていさぎよき/佐野青陽人

白靴の降りくる客船ターミナル/高澤良一

白靴を脱げばハワイの砂こぼる/佐伯哲草

白靴のなんとなくまだ身にそはず/稲畑汀子

俳句例:81句目~

白靴に干藻がからむせむもなし/佐野まもる

わが耳にわが白靴の歩のゆびく/柴田白葉女

白靴をはいてしばらくポルカの中/折井紀衣

光緒年間諸葛菜と白靴といつぱい/阿部完市

白靴をはいて刑事と思はれず/松岡ひでたか

白靴を穿くためらひの今もあり/能村登四郎

白靴の音なき午後をペルシャまで/和田悟朗

シュトラウス聴いて白靴履きぞめに/村上光子

真ッ直に来てくちばしのやうな白靴/吉見春子

白靴のマンハツタンに出かけたる/鈴木しげを

白靴もほつほつ花もほつほつと/阿部みどり女

まさに無職たり白靴にてステッキ/加倉井秋を

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ