季語/南風(みなみかぜ/はえ)を使った俳句

「南風」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「南風」について

【表記】南風

【読み方】みなみかぜ/はえ

【ローマ字読み】minami

子季語・関連季語・傍題・類語など

・南吹く(みなみふく:minamifuku)

・正南風(まみなみ/まはえ:maminami)

・大南風(おおみなみ:ominami)

季節による分類

・「み」で始まる夏の季語

・「夏の天文」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

南風を含む俳句例

声活きて青竹真竹南風の中/裕

茫洋と女体ぞ厚き大南風/林翔

梅が香や南吹く夜の肘枕/詰洲

琵琶の撥畳におかれ南吹く/旭

南風は水面を吹けり水底も/鷹女

船客に法衣紛るる南風/廣瀬直人

白南風や豪華客船接岸す/河合順

南風は鏡の中に魚となる/高篤三

南風や勾玉蔵す美術館/坂間晴子

煙草火を海南風の中に乞ふ/誓子

白南風の光の中の丸の内/坂井建

海南風時給八百六拾円/桐木榮子

足跡の乱れ渚や大南風/松藤夏山

南風や僕が嗣ぎし大遺産/宮武寒々

南風や段平さげて甥少尉/河野静雲

白南風や海一望の観覧車/倉田静子

岩におく手提の刺繍南風/安永典生

海彦を悼めば南風の青岬/橋本榮治

南風自転車錆びて家陰に/大井雅人

南風の帆桁頭上をうなり過ぐ/篠原

俳句例:21句目~

海女葬る砂丘の南風夕なぎぬ/麦南

白南風の異人墓地発港行/橋本榮治

南風や石垣高き浜の家/鈴鹿野風呂

立てて売る鮪の頭大南風/高尾方子

河豚供養して南風泊魚市場/轡田進

大南風潮にもまるゝ岬かな/上村占

大南風釣人に囁けるもの/高澤良一

白南風や飯場の竿に女物/島田芳恵

嫁ぐ婢が老の脣紅大南風/宮武寒々

黒南風の叢打つて人来る/棚橋影草

蜂蜜の乾くころには南風/櫂未知子

新薯に葭簀立てたり南風/島田青峰

間拓者胸像もろに海南風/大橋敦子

雛も苞にして便船す南風/久米正雄

雨降りて南吹くなり港町/高浜虚子

黒南風の裏磐梯は荒々し/猿渡青雨

干鮎の蠅を吹くなり南風/廣江八重櫻

南風や白のまぶしき定年後/工藤義夫

南風や帽の中なる眉うごく/藤田湘子

南風や隣の鯉を吹いて来る/子規句集

俳句例:41句目~

南風の蟻吹きこぼす畳かな/芝不器男

南風や扉よりも重く象の耳/有馬朗人

白南風や革に打ちつけ刃物とぐ/林翔

南風に乗り沖からの浪頭/鈴木六林男

白南風や錆に太りて捨錨/三田きえ子

南風や植田濁りにとぶ雀/吉岡禅寺洞

波音に亡き声のあり送南風/川合憲子

白南風や磯の匂ひの刃物市/小林幸子

春鴎に柑園の南風勁からず/西島麦南

南風や洗ひさらしの岩の列/杉山岳陽

南風と子らの牡蠣打つ音と来る/篠原

南風や蓬髪の火夫舷梯に/大橋櫻坡子

南風の岩にカンバス据ゑて描く/篠原

いや白きは南風つよき帆ならむ/林火

荒南風や疊のうへの大聖武/高橋睦郎

南風落ちて力を抜きし大砂丘/岸田稚

朝市の跡に蟹這ひ南風吹く/江藤暁舟

向日葵の葉にとぶ蝿や南風/飯田蛇笏

尼も乗る松前船の南風かな/飯田蛇笏

唐人船の通ひし海や南風吹く/上村占

俳句例:61句目~

坑口の扉に蝶を止む大南風/宮武寒々

その僧の巡錫の島大南風/大峯あきら

南風の一日白富む岬の町/櫛原希伊子

夜の南風臥せば蹠が脂噴く/河合凱夫

白南風の浜あるきゐる夕鴉/長谷川双

犬吠の南風の水天旋るなり/井沢正江

海南風尾をまきあげて紀州犬/杉本寛

白南風に来し白浜の女泊る/萩原麦草

荒南風や人工なぎさの砂煙/宮田俊子

大南風国の黎明この塔より/河野静雲

荒南風や一線尽す故国の灯/桂樟蹊子

南風や処女来てわが病室に/石田波郷

やりとりの国旗を運ぶ南風/二村典子

大南風黒羊羹を吹きわたる/川崎展宏

花さかぬ枝々しげし大南風/増田龍雨

船長の案内くまなし大南風/杉田久女

南風や化粧に洩れし耳の下/日野草城

船の波南風波とあひ高まり去る/篠原

岬端へなだるる蘇鉄大南風/野上水穂

黒栄に水汲み入るゝ戸口かな/原石鼎

俳句例:81句目~

肩甲骨に羽根の記憶や大南風/栃窪浩

雑木山白きは天へ南風の道/羽部洞然

老婆ひとりに林中の大南風/長谷川双

南風や生れつ失せつ蟻の城/芝不器男

青蛾ゐて甘菜の花に南吹く/飯田蛇笏

髪おさえ見送る埠頭南風吹く/きよみ

鰹舟南風の黒潮漕げり見ゆ/西島麦南

黒南風に嫌人癖の亢ずる日/相馬遷子

蔓草の蔓のたたかふ大南風/長谷川櫂

一行詩白南風に立つ燈台は/福永耕二

黒南風の雀は細身閣は古り/下村槐太

黒南風や回転木馬修理中/一ノ木文子

黒南風や城の守護霊鎧抜け/生駒清三

黒南風や巌削りたる舟著場/早坂萩居

黒南風や校倉ならぶ間に松/下村槐太

黒南風や燭盡きたれば鐵の針/竹中宏

黒南風や轆轤の首のすぐ太り/杉本渚

黒南風や鉄塔に鳴く群れ烏/下間ノリ

黒南風や鞭つ如く描く顔/相生垣瓜人

黒潮も端はみどりぞ大南風/伊藤通明

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ