季語/玉蜀黍(とうもろこし)を使った俳句

「玉蜀黍」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「玉蜀黍」について

【表記】玉蜀黍

【読み方】とうもろこし

【ローマ字読み】tomorokoshi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・もろこし(もろこし:morokoshi)

・焼唐黍(やきとうきび:yakitokibi)

・南蛮黍(なんばんきび:nambankibi)

・高麗黍(こうらいきび:koraikibi)

・玉黍(とうきび:tokibi)

・唐黍(とうきび:tokibi_)

季節による分類

・「と」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「仲秋」に分類される季語

月ごとの分類

9月の季語

スポンサーリンク

玉蜀黍を含む俳句例

唐黍の青生毛吹く双子山/原裕

唐黍と学生帽と一つ釘/上野鴻城

みごもれば唐黍の風/栗林一石路

桑の闇唐黍の闇宵祭/馬場移公子

ただ甘き玉蜀黍を蔑めり/高澤良一

唐黍と柿女房の多き村/長谷川秋子

唐黍の葉に颱風の兆あり/田中冬二

唐黍にかげろふ軒や玉祭/浜田酒堂

唐黍の葉風に眩む岩の上/飯田龍太

中腰の唐黍焼きに昔あり/石川桂郎

唐黍に月鳴り止まず冷まじや/移竹

十字架高し唐黍にほふ一村に/林翔

唐黍の高き低きや垣の外/寺田寅彦

唐黍の風や秋社の戻り人/石井露月

唐黍や扁額かけて寺厨/楠目橙黄子

唐黍に重石の妻を載せ運ぶ/日原傳

唐黍の煙る山路の一車両/飯田龍太

唐黍や庄屋が蔵の白い壁/寺田寅彦

徒に唐黍長びて歳饑たり/寺田寅彦

唐黍売外道山風に焦がし過ぎ/林翔

俳句例:21句目~

唐黍を焼く火に跼み夜の女/芹沢江村

初恋は遠し唐黍の葉が赤し/永井龍男

唐黍に乱れて出でぬ三千騎/赤木格堂

唐黍を干すや谷間の一軒家/夏目漱石

霊堂を一本に緊め唐黍鳴る/古舘曹人

唐黍を噛む白日に歯音立て/大野林火

つぎつぎに露の唐黍うち倒す/瀧春一

唐黍の葉も横雲も吹き流れ/富安風生

唐黍のがつしり実る単線区/河本好恵

唐黍を干していよいよ古庇/石田波郷

唐黍をつかみてゆるる大鴉/飯田蛇笏

唐黍は熟れ赤ん坊這ひまはる/瀧春一

唐黍や強火にはぜし片一方/前田普羅

主婦たちに青唐黍の蔭たのし/瀧春一

井を汲むや唐黍わたる風荒し/桂信子

唐黍に白雲盆も過ぎにけり/大野林火

唐黍をもぐ快音や空青き/川村ひろし

唐黍を鼠かむらん畑の月/広江八重桜

伏見人唐黍がらを束ねけり/上島鬼貫

夥しく唐黍つるす山家かな/寺田寅彦

俳句例:41句目~

奥の温泉へ唐黍売の一輪車/白岩三郎

唐黍もぐ少年の音母の音/佐藤みさを

愚直なるまで唐黍の丈揃ふ/佐藤英子

日向水に玉蜀黍の映りゐる/滝井孝作

松の幹そよぐ唐黍わかわかし/森澄雄

充実せる玉蜀黍を切に焼く/本田青棗

玉蜀黍あましもうすぐ善光寺/原田喬

立枯の唐黍鳴つて物憂かり/夏目漱石

唐黍やふりむくものに人の鼻/古舘曹人

唐黍や兵を伏せたる気合あり/夏目漱石

唐黍や軒端の萩の取りちがえ/松尾芭蕉

唐黍をもぐ手もぐ音たのしめり/及川貞

唐黍を吊り家ぐるみ黄色なり/金子皆子

唐黍を焼く火のあつし祭店/山口波津女

唐黍を焼く火を煽ぐ古ハガキ/前田普羅

唐黍を焼く火煽ぎぬ月を浴び/野村喜舟

にはとりの鳴いて玉蜀黍畑/今井杏太郎

むしり食う唐黍淡き葉月かな/小澤碧童

もてなしの夏炉走りの唐黍も/山口草堂

乾きたる玉蜀黍に風の吹く/西山/昌子

俳句例:61句目~

唐黍に簾をながす厨かな/長谷川かな女

唐黍に背中うたるる湯あみ哉/正岡子規

唐黍の一葉かへりぬ月の面/池内友次郎

唐黍を荒せし舟と見送れり/米沢吾亦紅

東京の客がある唐黍をもぐ/栗林一石路

唐黍の影を横たふ舟路かな/水原秋櫻子

唐黍の押すなおすなと粒育つ/高橋幸子

唐黍の秩父にありし一日かな/加藤楸邨

玉蜀黍葉たばこ人の死へ急ぐ/和知喜八

唐黍の紅毛噴きだす朝曇り/千代田葛彦

雷の遠く去りたる唐黍をもぐ/横山丁々

唐黍を食ひ食ひ帰るはな火かな/会津八一

唐黍の葉ずれせはしく牛睡る/古賀まり子

唐黍の実へ手を伸べて今年四つ/古沢太穂

唐黍焼く母子わが亡き後の如し/石田波郷

唐黍を亡き母のごと子に頒つ/石田あき子

唐黍を刈つてあしうらまで天地/平井照敏

唐黍に織子のうなじいきいきと/金子兜太

仏蘭西の玉蜀黍も刈られけり/今井杏太郎

唐黍かじる我に縄文の顎しかと/星野紗一

俳句例:81句目~

唐黍を提げて小さき母の旅/友成/ゆりこ

唐黍を焼く子の喧嘩きくもいや/杉田久女

几帳面な玉蜀黍だと思はないか/櫂未知子

玉蜀黍かじり東京に未練なし/青野れい子

唐黍は葉ずれせはしく牛睡る/古賀まり子

唐黍の馳走は熱つきなさけかな/会津八一

葉伝ふ露唐黍畑を子の影ゆき/千代田葛彦

唐黍や丹波へ抜けるほとけ道/藤田あけ烏

時化雲のはしる唐黍もぎにけり/富安風生

干し了へて玉蜀黍の火山灰はらふ/大島民郎

唐黍もぎ唐黍よりも濡れてをり/長谷川秋子

唐黍やほどろと枯れし日のにほひ/芥川龍之介

玉蜀黍をもぎをり馬車を乗り入れて/村上杏史

唐黍柔毛なびけり避暑地など知らず/石田あき子

玉蜀黍に投げれば薪の消えにけり/長谷川かな女

いまは枯るるばかりにたくましき唐黍の風/栗林一石路

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ