季語/松虫草(まつむしそう)を使った俳句

「松虫草」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「松虫草」について

【表記】松虫草

【読み方】まつむしそう

【ローマ字読み】matsumushiso

子季語・関連季語・傍題・類語など

・輪鋒菊(りんぽうぎく:rimpogiku)

季節による分類

・「ま」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「初秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

スポンサーリンク

松虫草を含む俳句例

連峯や松蟲草は夕風に/及川貞

再会す松虫草に妙高に/西尾苑

車とめぬ風の峠の松虫草/及川貞

風の道即ち松虫草の道/高澤良一

木道に人影を見ず松虫草/高澤良一

母遅れ松虫草の野に沈む/佐藤琳子

松虫草馬の行手の午前の陽/桂信子

空の色松虫草の花にあり/新村寒花

花野統ぶ松虫草の水浅黄/西本一都

見ず知らず松虫草の青の中/斎藤玄

霧ひかる松虫草の群落に/相馬遷子

霧襲ふ松虫草の暗さかな/清崎敏郎

押花に松虫草を新らしく/稲畑汀子

松虫草処を得たる岩と風/高澤良一

松虫草雨の中より夕日さす/岡田日郎

松虫草もろ花消ゆる夕にて/相馬遷子

松虫草返り咲く日の湖淡し/堀口星眠

松虫草昨日を今日に嶺の雲/坂巻純子

人の父松虫草を子にかざす/木村蕪城

富士淡し松虫草の花の上/阿波野青畝

俳句例:21句目~

小海線松虫草も夢二の忌/文挟夫佐恵

山の風松虫草を吹き白め/深見けん二

紫の泡野に立てゝ松虫草/長谷川かな女

松虫草今生や師と吹かれゆく/村越化石

霧が来て松虫草の色決まる/町田しげき

摘まず置く松虫草は野の花よ/稲畑汀子

松虫草見えかくれして子の帽子/乾澄江

松虫草摘めば榛名の没日かな/田川江道

松虫草の群落にして熔岩の瘤/富安風生

松虫草ケルンに走る雲の影/永井由紀子

風混める大谷地をゆく松虫草/高澤良一

うすうすと松虫草に霧流れ/堀江多真樹

松虫草霧らひながらに花明り/石塚友二

松虫草霧来る方を知れるなり/高澤良一

松虫草少女が馬を下りて摘む/宮下翠舟

どこか欠け松虫草の花となる/今橋眞理子

松虫草めそめそ霧に取り囲まれ/高澤良一

松虫草癒えてわが立つ影淡し/古賀まり子

松虫草登山カードに年齢記し/伊藤いと子

車とめて下さい松虫草の咲く/鷲巣ふじ子

俳句例:41句目~

松虫草ケルンにわかれの唄残し/青山和子

まつむし草咲くを仔馬は道とせり/内藤吐天

わがショット松虫草の咲くあたり/稲畑汀子

松虫草いく夜吹かれし月の尾根/小畑耕一路

松虫草さよならだけを言いに行く/佐藤文子

松虫草へ渓流を跳び彼の手欲し/文挟夫佐恵

松虫草甲斐の白峰もいま眼覚む/水原秋櫻子

松虫草雄々しき八ケ岳を庭に借り/関森勝夫

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ