季語/山眠る(やまねむる)を使った俳句

「山眠る」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「山眠る」について

【表記】山眠る

【読み方】やまねむる

【ローマ字読み】yamanemuru

子季語・関連季語・傍題・類語など

・眠る山(ねむるやま:nemuruyama)

季節による分類

・「や」で始まる冬の季語

・「冬の地理」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

山眠るを含む俳句例

初鶏のなほ眠る山従へて/原裕

長老の葬列長し山眠る/杉本寛

山眠る岡山兵庫国境/吉屋信子

眠りゆく山懐に独り住む/坂井建

山眠るその懐に碧き沼/柴田奈美

密猟の漢を隠し山眠る/星野秀則

湖の映さば映せ山眠る/尾崎迷堂

谿へだて山眠りゆく馬頭仏/林翔

滅びたる狼の色山眠る/矢島渚男

残照に頂染めて山眠る/柳下孤村

紅を失ひつゝや山眠る/高木晴子

短針のりて進み山眠る/松山足羽

山眠りけり係長は働けり/櫂未知子

御配流と伝ふ帝の山眠る/猿渡青雨

夜よりも昼深々と山眠る/古住蛇骨

長城や烽火連ねし山眠る/有馬朗人

眠る山よリ松籟と友の声/楠本憲吉

山眠りけり白樺は一本立/村越化石

妻の骨ひそと納めて山眠る/本井英

海底の火の山眠る海鼠かな/龍岡晋

俳句例:21句目~

凍らざる湖の謎山眠る/大和あい子

盗伐の人に許して山眠る/日置草崖

十二経奇経八脈山眠る/佐々木六戈

浮雲の影が通りて眠る山/稲畑汀子

山眠りいま遠き川遠き村/中村苑子

眠りつつ山相怒る妙義かな/轡田進

山眠り石で囲ひし楮畑/大峯あきら

山眠り神は内より閂す/殿村菟絲子

山吹の黄葉ひら~山眠る/前田普羅

朝鮮も満州もなく山眠る/遠藤梧逸

南面に残せる放馬山眠る/皆吉爽雨

木も草もいつか従ひ山眠る/桂信子

茅堂に一尊おさめ山眠る/荒井正隆

山眠るや大往生の姿我/松根東洋城

手習のまつくろ草紙山眠る/龍岡晋

山眠るガラス工房懐に/北原富美子

山眠る信濃や鯉の飴煮食ひ/石嶌岳

山眠る切支丹墓千と抱き/山本杜城

山眠る四条大橋渡りけり/都筑智子

山眠り寺の硯の大凹み/大峯あきら

俳句例:41句目~

十三陵眠らしめ山粧へる/西村和子

また次の千年京の山眠る/田山康子

笠を編む麓の村や山眠る/内田百間

山眠る田の中の道犬走り/山口青邨

窯中に紅蓮の炎山眠る/上田佳久子

頂の湖の真晴や山眠る/東洋城千句

睡迹の神列なりて山眠る/大西淳二

白妙の御岳かこみ山眠る/和田錠女

山眠る駅に一人の改札員/八巻絹子

神の山仏の山も眠りけり/竹村忠吉

眠る山の麓に据ゑぬ製縄機/野村泊月

山眠りいづこへ帰る谺なる/影島智子

山眠りいよいよ黒き自在鉤/倉田晴生

父祖眠る山を抱きて山眠る/福田蓼汀

湖の舟舫ふは眠る山の石/大岳水一路

山眠り大原は煙あぐる見ゆ/岸風三楼

百姓に教へて倦まず山眠る/石井露月

海底の火の山ねむる海鼠かな/龍岡晋

山眠り日月眠りをらざりし/吉年虹二

山眠り流木砂に埋れをり/大峯あきら

俳句例:61句目~

山眠り激流国を分ちたる/松本たかし

ロボットの犬を里子に山眠る/小平湖

眠らざる雲中の山が普羅の山/原田喬

氷眠の山もあるべし白菫/大木あまり

なほ青き牧を抱きて山眠る/澤田緑生

銃声を呑みて熊野の山眠る/坂口麗峰

ひとかどの女の如し山眠る/守屋明俊

山眠るいたるところに忍び釘/仁平勝

山眠るけだしや夢も山の夢/高橋睦郎

藁塚は皆かたむきぬ山眠る/大谷句佛

大き夢見てゐる山のよく眠る/三宅桂

借景の山も如来も眠りけり/渡辺恭子

落葉みな万骨となり山眠る/楠本憲吉

人に情眠れる山に流かな/松根東洋城

本陣の跡形もなく山眠る/坪井のぶ子

牧水の歌の一つの山眠る/児玉菊比呂

落石の余韻を長く山眠る/片山由美子

金泥経蔵して山の眠りゐる/菊地一雄

筬の音山の眠りを誘ひけり/朝倉和江

牧牛を帰して山の眠りけり/石野冬青

俳句例:81句目~

柳生道浮びおちいり山眠る/井沢正江

ぬく~と若草山の眠りけり/角田竹冷

山眠る一と焔にて檜燃え/神尾久美子

山眠る中に貴船の鳥居かな/高浜虚子

山眠る交通止めの札立てて/宮田俊子

峠越す僧形に山眠りけり/金尾梅の門

山眠る信玄側に寝返りて/佐々木六戈

山眠る光の音を聴きながら/仙田洋子

眠る山飛泉の声も細りけり/高田蝶衣

山眠る厨房熊のししむらも/浦野芳南

山眠る噴火の怖ささらしつつ/安原葉

山眠る噴火名残の蒸気上げ/上柿照代

五六戸の狩宿かゝへ山眠る/鈴間斗史

廃坑にこのごろ月や山眠る/宮武寒々

山眠る大和の国に来て泊る/山口青邨

山眠る大鋸かかる御師の門/福田蓼汀

山眠る如き心に在らばやな/高田蝶衣

山眠る如く机にもたれけり/高浜虚子

弘法の井のあたゝかさ山眠る/森田峠

山眠る恋の終りを見届けて/黛まどか

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ