季語/夜の秋(よるのあき/よのあき)を使った俳句

「夜の秋」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「夜の秋」について

【表記】夜の秋

【読み方】よるのあき/よのあき

【ローマ字読み】yorunoaki

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「よ」で始まる夏の季語

・「夏の時候」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

夜の秋を含む俳句例

嫂の文の短き夜の秋/昭彦

泡盛は鏡色なり夜の秋/欣一

頬落ちて狐顔せり夜の秋/秩父

水芸の茫々たりや夜の秋/間石

音ありて流るゝ水や夜の秋/篠原

友去りて一燈見つむ夜の秋/林翔

夜の秋の縁より上り訪るる/立子

石摺の歌をみやげの夜の秋/朱鳥

焚火して山の湖夜の秋/下村梅子

攻窯に残す一灯夜の秋/林十九楼

夜は秋や雨音深き楢柏/臼田亜浪

文蔵と山の話も夜の秋/福田蓼汀

孫去りし障子の穴の夜の秋/遷子

闇に浮く白塔あれば夜の秋/林翔

海わたる魂ひとつ夜の秋/桂信子

夜の秋蹠拭けばこころ足る/龍男

夜の秋の二夜所望の鱒魚田/林翔

黒々と山動きけり夜の秋/星野椿

生恥の秋夜の厠往復す/岩田昌寿

粥すゝる杣が胃の腑や夜の秋/石鼎

俳句例:21句目~

簪屋と向きあふ寄席や夜の秋/寒々

白き糸針に通して夜の秋/工藤義夫

客のある山の庵の夜の秋/高浜虚子

亭に居る女一人や夜の秋/野村泊月

佳き風の四通八達夜の秋/高澤良一

おほははの昔話や夜の秋/福田蓼汀

兀然とわが顔ありぬ夜の秋/岸田稚

夜の秋や轡かけたる厩柱/飯田蛇笏

女湯の声のまろびも夜の秋/石嶌岳

高原に山雨到れば夜の秋/高濱年尾

夫とゐて病忘るる夜の秋/影島智子

爪切つて白紙に包む夜の秋/中拓夫

灯の下の波がひらりと夜の秋/龍太

山風が残してゆきし夜の秋/星野椿

河童子落月つるす夜の秋/飯田蛇笏

山荘の遠き厠や夜の秋/五十嵐播水

霊人も愛人に似る夜の秋/攝津幸彦

歳時記の表紙藍鉄夜の秋/高澤良一

岳麓の思出尽きず夜の秋/松尾緑富

桑畑の闇を風過ぐ夜の秋/河野南畦

俳句例:41句目~

通りゐる子供の声の夜の秋/森澄雄

足のある影絵の魚夜の秋/二村典子

まろび寝の小さき母や夜の秋/蓼汀

脚長き銀の燭台夜の秋/櫛原希伊子

小夜ふけて鍋釜洗ふ夜の秋/きくの

翻る蔓草しろし夜の秋/中村やす子

繋ぎある筏に濯ぐ夜の秋/原田青児

手花火の香の沁むばかり夜の秋/汀女

いづこへか下る石段夜の秋/千葉皓史

恍惚と船を見てゐる夜の秋/佐川広治

夜の秋母臥す畳ふみとほる/野澤節子

麦稈を音させて折る夜の秋/内藤吐天

夜の秋の鍵鎖す音を憚りぬ/西村和子

島人に漁火あかき夜の秋/荒川あつし

夜の秋の雲たむろして馴れし町/雅人

鯛飯の鯛の骨抜く夜の秋/梶山さなゑ

風音は数幹の竹夜の秋/阿部みどり女

さそり座に欅が触れぬ夜の秋/及川貞

夜の秋の鮎の歯白し皿の上/野沢節子

風通る所に身を置く夜の秋/高澤良一

俳句例:61句目~

山の湖を灯のふちどりて夜の秋/柏翠

通訳の日本語きれい夜の秋/影島智子

夜の秋や恵那の星空手にこぼれ/林翔

乙女らにひとつの鏡夜の秋/飯田龍太

寝返れば傷口ひくと夜の秋/高澤良一

原稿紙の枡目二百に夜の秋/河合澄子

夜の秋灯なき葭倉匂ひけり/伊藤京子

稲妻の風そくそくと夜の秋/臼田亞浪

笑はせて帰る息子や夜の秋/影島智子

中年や独語おどろく夜の秋/西東三鬼

琴恋の男も坐して夜の秋/河野多希女

独身を匂ひで当てる夜の秋/櫂未知子

羊の頭ありナイフあり夜の秋/下田稔

夜の秋白檀の香の紙ナイフ/毛塚静枝

地球儀の裏も人栖む夜の秋/小櫃きよ

夜の秋鼠てのひらかざしけり/桂信子

花火揚がるは島の港か夜の秋/中拓夫

家ぬちの物音ばかり夜の秋/星野立子

火星また一歩近づく夜の秋/高澤良一

夜の秋星のよろこび沖に出づ/中拓夫

俳句例:81句目~

濤ごゑに消ゆるひとごゑ夜の秋/舟月

またまはす電話番号夜の秋/谷口桂子

薔薇色の肉を手渡す夜の秋/櫂未知子

夜の秋の今は俳句の友たりき/瀧春一

詩を解す一老妓逝く夜の秋/福田蓼汀

谷たぎちつつこまごまと夜の秋/澄雄

夜の秋の安寿恋しと文弥節/伊藤京子

夜の秋暦に遅速ありにけり/河野南畦

産土神の上蠍座の夜の秋/町田しげき

身のうちを水の音して夜の秋/林享子

大木の風はたと止み夜の秋/飯田龍太

夜の秋の投げだす足裏闇に向く/林火

夜の秋や横臥しに聞く木曾の雨/稚魚

梅幸の絵島見し夜の秋の雨/山口青邨

桝酒に口とがらする夜の秋/高澤良一

夜の秋赤鉛筆が見当たらず/高澤良一

付下げの躾ひきぬく夜の秋/毛塚静枝

夜の秋の硯を濡らす一滴/櫛原希伊子

農家の灯庭木に溢れ夜の秋/大井雅人

山に来て暦日先んず夜の秋/福田蓼汀

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ