季語/寒鯉(かんごい)を使った俳句

「寒鯉」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「寒鯉」について

【表記】寒鯉

【読み方】かんごい

【ローマ字読み】kangoi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・寒鯉釣(かんごいつり:kangoitsuri)

・凍鯉(いてごい:itegoi)

季節による分類

・「か」で始まる冬の季語

・「冬の動物」を表す季語

・「晩冬」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

寒鯉を含む俳句例

寒鯉を苞造りして重たさよ/杉雨

寒鯉の闇に水打つ山の宿/林瑠美

寒鯉の悠々たるを叱陀せり/原裕

反転の寒鯉黄銀日矢の中/中村明子

甘露煮や寒鯉の金なほのこり/楸邨

晩年や寒鯉動く夜の川/上田晩春郎

寒鯉に金輪際のひかりかな/齋藤玄

寒鯉の水押す力鈍りたる/高澤良一

寒鯉が動き公園動きだす/森田智子

寒鯉に手叩き寺の白飯粒/中山純子

寒鯉を生かす盥の天地かな/三幹竹

寒鯉の平安水の昏さに馴れ/桂信子

寒鯉を封づ氷の曇りけり/高澤良一

寒鯉のあらはの鰭や古盥/飯田蛇笏

寒鯉を丸太掴みに丸太切り/上村占

寒鯉の平安水の暗さに馴れ/桂信子

寒鯉のしづかなりけり瞼深く/青邨

寒鯉のゆらりと水の殺到す/脇祥一

寒鯉の一擲したる力かな/高濱虚子

寒鯉の花びらとなり沈みをり/靖子

俳句例:21句目~

寒鯉の桶に大利根柏屋と/田中冬二

生きてゐる重さ寒鯉苞に巻く/火川

寒鯉棒の如くに動かざる/加来/小洞

寒鯉を見て雲水の去りゆけり/森澄雄

寒鯉の呪縛ときたる水の色/鈴木貞雄

寒鯉に喪服の男手をたたく/坂間恒子

寒鯉を苞にして抱く銃の如/今瀬剛一

寒鯉の常陸山垣低くして/軽部烏頭子

寒鯉に昃りし水の重さかな/山田閏子

寒鯉に見ゆれ光の棒に見ゆれ/齋藤玄

寒鯉に音をとばして刀鍛冶/石田勝彦

寒鯉の臓腑ぬくしと捌きをり/北村保

わが咳けば寒鯉鰭をうごかしぬ/風生

寒鯉を包む苞なく笹にさす/田中冬二

寒鯉を二夜つゞけて貰ひけり/原石鼎

ライターの青火寒鯉水に澄む/三谷昭

寒鯉をぐるぐる巻に新聞紙/細川加賀

寒鯉や浅き生簀に脊を並べ/増田龍雨

寒鯉の呼吸大きく秤られし/酒井智代

寒鯉やむら胆据ゑて水の底/石塚友二

俳句例:41句目~

別の桶にも寒鯉の水しぶき/飯田龍太

寒鯉の鰭あほりたる水玄き/高澤良一

寒鯉の籠にひかりて月ありぬ/秋櫻子

寒鯉の頭揃えて沈みをり/榎田きよ子

寒鯉の音なく群れて脂肌/小檜山繁子

動かざる寒鯉を見て決断す/中西咲央

寒鯉の水に来ており山の翳/白井房夫

寒鯉の金泥のごと沈みゐる/鈴木貞雄

寒鯉の怫然たるを売買す/相生垣瓜人

寒鯉のものを言ひたる目が動く/澄雄

寒鯉の苞提げゆくに河碧し/栗生純夫

寒鯉の腹中にてもさざなみす/斎藤玄

掬ひたる寒鯉網におとなしく/上村占

寒鯉の水くもらせて山の雨/茨木和生

寒鯉の二匹問答するごとし/太田土男

寒鯉の背なの高みの現れし/岸本尚毅

寒鯉の深く沈みて石となる/河野南畦

寒鯉となり渓聲を天に擧ぐ/古舘曹人

山動くかに寒鯉の動きけり/藤崎久を

寒鯉の水の筋金呑みしごと/宮坂静生

俳句例:61句目~

群のまま寒鯉すこし動きけり/上野泰

一すぢの日に寒鯉のみじろぎぬ/不断草

動かねば寒鯉の金くもらざる/西川織子

寒鯉がうごき嶺々めざめたり/加藤楸邨

寒鯉とわれ遂にわれより動く/能村研三

寒鯉に揺るぎなき水重なれる/橋田憲明

寒鯉に方丈よりの灯かげかな/清原枴童

寒鯉のごつとぶつかり煙るかな/小島健

寒鯉のまためぐり来し柱かな/藺草慶子

寒鯉のみじろげば湧くにごりかな/菁果

寒鯉の上にこの世の風が吹く/鈴木鷹夫

寒鯉の光る水面をさざめかす/稲畑汀子

寒鯉の凝然たるを凝視せり/相生垣瓜人

寒鯉の口で息して腑を抜かる/右城暮石

寒鯉の売れてだぶつく命水/百合山羽公

寒鯉の居ると云ふなる水蒼し/前田普羅

寒鯉の張よかなるを見逃さず/佐川広治

寒鯉の桶底に沈みて藍ばめる/田中冬二

寒鯉の権らるる目の何見ゆる/山口草堂

寒鯉の水の粘りてゐたりけり/草間時彦

俳句例:81句目~

寒鯉を突きぬ静かに濁る水/石井とし夫

寒鯉の泳ぎ畢せし影なるや/鳥居おさむ

寒鯉の浮びきし口餌をはづれ/平野青坡

寒鯉の生くる証の泥けむり/遠藤若狭男

寒鯉の百の一鰭だに揺れず/大岳水一路

寒鯉の背鰭の水はぬめりけり/斉藤夏風

寒鯉の胴さやさやと触れ合へる/太田嗟

寒鯉の色あつまつてなほ淡し/古舘曹人

寒鯉の遠き雲よりしづかなり/黒木夜雨

寒鯉の金鐶の眼を嵌めにけり/福田蓼汀

寒鯉の雌伏を沈めをりにけり/山田弘子

寒鯉の雲のごとくに静もれる/山口青邨

寒鯉の静にむきをかへにけり/保坂文虹

寒鯉の黒光りして斬られけり/飯田蛇笏

寒鯉は背が濃し贅肉なき詩人/香西照雄

寒鯉やたかし歩みし道辺にて/草間時彦

寒鯉や底をコントラバス響く/柴田奈美

寒鯉や日ねもす顔を突き合せ/前田普羅

寒鯉を掬ひしたもの撓みかな/橋本鶏二

寒鯉を提げ墓原をよぎりけり/館岡沙緻

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ