季語/露草(つゆくさ)を使った俳句

「露草」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「露草」について

【表記】露草

【読み方】つゆくさ

【ローマ字読み】tsuyukusa

子季語・関連季語・傍題・類語など

・鴨跖草(おうせきそう:osekiso)

・月草(つきくさ:tsukikusa_)

・蛍草(ほたるぐさ:hotarugusa)

・青花(あおばな:aobana)

・うつし花(うつしばな:utsushibana)

・帽子花(ぼうしばな:boshibana)

季節による分類

・「つ」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「初秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

スポンサーリンク

露草を含む俳句例

悪妻の妬心怠る蛍草/齋藤玄

露草や藍大尽の太柱/高井北杜

朝風や螢草咲く蘆の中/泉鏡花

就中露けきものぞ螢草/石塚友二

月草の色見えそめて雨寒し/暁台

露草の露や半身滴れり/中村苑子

露草の露千万の瞳かな/富安風生

幸福といふ不幸あり蛍草/石寒太

露草の咲き鏤めし露葎/福田蓼汀

露草の高原の汽車唯二輛/瀧春一

露草と朝の挨拶交しけり/清崎敏郎

鶏頭を父露草を母とこそ/齋藤愼爾

露草に大きな雫師の忌日/影島智子

友禅に青花水の筆はじめ/桂樟蹊子

露草や父に老後の庭十坪/高橋悦男

屋根ふきや野分の朝隙もなし/露草

露草をみづから描きし単帯/森田峠

年用意掛け替へゐる潮暦/水野露草

露草や檣に捩るゝ交み犬/石塚友二

露草の花みづ~し野分晴/西山泊雲

俳句例:21句目~

露草の葉に露草の涙かな/西村和子

露草や結願の磴すぐそこに/堀恭子

露草のまはりの暮色后陵/長谷川双

露草の千の目ひらく峠口/若井新一

露草の朝明色を着くづるゝ/齋藤玄

落葉降る中に首上げ蛍草/猿山木魂

螢草老父母に金遣はしつ/永田耕衣

調教の鞭のかすめし蛍草/西村和子

鉄塔の一脚に触れ螢草/松本たかし

雲の奥まだ濡れてをり蛍草/岸三恵

青花の青を称えて佛さま/高澤良一

露草を震はせ手折る山の朝/高澤良一

露草に少年牛を放ちゆけり/河合凱夫

露草に心素直になりゐたり/小野茂川

露草に恙なげなる顔見する/林原耒井

山の方より露草にこぼれ雨/右城暮石

露草の翳とも見ゆる一雫/上田日差子

露草や飯吹くまでの門歩き/杉田久女

露草や朝一番の汽車も露/百合山羽公

露草に落木あまた端山かな/飯田蛇笏

俳句例:41句目~

露草に雀もこゑを降らす禽/福永耕二

露草や露に坐したる地蔵尊/寺田寅彦

露草のあれば水飲む思ひかな/井上雪

露草や鉄桶なして暴と悪/百合山羽公

露草や母は夢にも現われず/渡部郁子

月草は日盛りの花とも思ふ/行方克巳

露草や島に古りたる滑走路/水見寿男

月草に瑞瑞しくて乱をなす/和田悟朗

一叢の露草映すや小矢部川/前田普羅

露草の瑠璃を寝覚の床の道/山口青邨

露草や生徒朝のみ聴耳立て/香西照雄

露草の上に舟笠置かれあり/藺草慶子

慟哭のすべてを螢草といふ/清水径子

露草の空色の花の咲くあたり/堺利彦

殉教の祖の隠れ墓露草に/小原菁々子

立膝の海女の囲める磯焚火/佐藤露草

露草の露の命のあとやさき/西島麦南

露草や家中の児の剃こかし/高井几董

露草の染めて通らん古油単/椎本才麿

露草や小さき母のふみ机/伊阪美祢子

俳句例:61句目~

露草の瑠璃や勲記は筒の中/飯田龍太

露草や濃淡絶し今朝の空/中村草田男

露草の露に目覚めし花の色/三嶋隆英

地の果に地の塩ありて螢草/山本健吉

露草が綻ぶ財布ゆ萎え紙幣/香西照雄

露草にある万葉の空の色/町田しげき

蝶とりし網を付せおく蛍草/星野立子

露草の群生がわが目を奪ふ/高浜年尾

青花に雨惜しみなく林火の忌/杉本寛

青花の青を張りつむ朝かな/大橋敦子

露草の群落に来て空淡し/五十嵐播水

青花摘む朝の光を摘むごとく/大串章

露草に畷をこえし朝日さす/百合山羽公

露草に祭の玩具落しけり/長谷川かな女

露草のこゝらはうすき藍の色/河野静雲

露草のつゆの言葉を思うかな/橋石和栲

露草のつんとかゝげし花一つ/河野静雲

露草の咲き寄せてくる机かな/黒田杏子

露草の土手を拓きて出来し墓/高木晴子

露草の当麻路ゆけば帰省めく/亀井糸游

俳句例:81句目~

露草の瑠璃いちめんの昼寝覚/木村蕪城

露草の紺に覚めたる髪膚かな/永方裕子

露草の紺のむらがる小暗さよ/亀井糸游

露草の絵島屋敷を出ての雨/文挟夫佐恵

露草の露のさみしき日曜日/柴田白葉女

露草の田水に足をとられけり/巌谷小波

露草も露のちからの花ひらく/飯田龍太

露草や分銅つまむピンセット/小川軽舟

露草や未練に晴るゝ野辺の霧/石塚友二

露草や水に育ちて近江びと/渡辺すみ代

露草や泣かれて暁の電話きる/仙田洋子

露草は明日ひらく花瀬々ひびく/和泉好

露草や牛とことこと走り出し/橋本鶏二

露草や翼あるもの高く飛ぶ/石田あき子

露草を地球の羽化に置きませう/蘭東子

露草を摘めば零るる夜べの雨/稲畑汀子

露草を舐め来る水に濯ぎをり/石塚友二

露草を面影にして恋ふるかな/高浜虚子

鵙の贄露草のよく肥ゆるあり/下村槐太

そこしれぬなが雨となり蛍草/川上梨屋

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ