季語/秋遍路(あきへんろ)を使った俳句

「秋遍路」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「秋遍路」について

【表記】秋遍路

【読み方】あきへんろ

【ローマ字読み】akihenro

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「あ」で始まる秋の季語

・「秋の行事」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

秋遍路を含む俳句例

同道に仙薬頒つ秋遍路/山縣輝夫

獄中の畳を歩く秋遍路/角川春樹

逆縁に秋の遍路を志す/辻口静夫

磯鵯に秋の遍路の影法師/飯田龍太

秋遍路声を低めて物語/成瀬正とし

名水に屯して秋遍路かな/宮内春燈

我も亦秋の遍路の心もて/高濱年尾

波音を同行として秋遍路/芳西兌子

甲板の月光に立つ秋遍路/豊田蕗花

装束を雲より白く秋遍路/鷹羽狩行

舷窓に白らむ濤音秋遍路/伊藤敬子

木の情石のこころに秋遍路/岡本眸

夕ぐれを仏貌して秋遍路/大庭星樹

松籟や撞木の揺れと秋遍路/飴山實

笠をとり女となりし秋遍路/山本允

野の風に念仏申し秋遍路/佐野八洲

秋遍路日暮は潮の匂ひする/児玉輝代

おのが曳く影をだいじに秋遍路/黛執

秋遍路泊めて流転の話など/森本久平

父淋し秋の遍路に母発たせ/三上水静

俳句例:21句目~

秋遍路跼みて恵まるる何か/黒田杏子

足摺の海を見てゐる秋遍路/真鍋/貞

胸中も白をよそほひ秋遍路/平綿涼風

船室に鈴つつしむよ秋遍路/綾部仁喜

秋遍路ざわめき来たり招き猫/辻桃子

荒鋤きの土美しや秋遍路/神尾久美子

銘水を汲みに並びし秋遍路/山田晴彦

同行の一人欠けたる秋遍路/関森勝夫

堂ぬちの昼の闇より秋遍路/大森紅蔦

堂守を頼りに病める秋遍路/細川憲也

屋島寺へ今し一人の秋遍路/酒井黙禅

山の湯に精進落ちの秋遍路/福瀬伯彩

本堂の裏にぐつたり秋遍路/佐藤旅史

格好の母に似てゐし秋遍路/保坂伸秋

足悪き娘を伴ひて秋遍路/平山/愛子

満願の草鞋はき替へ秋遍路/枡田昭児

潮騒や女人ばかりの秋遍路/河本好恵

秋遍路大師の像に来て憩ふ/佐藤信子

秋遍路急がぬ杖を磴につき/高濱年尾

うつし世の端を一列秋遍路/井形千代子

俳句例:41句目~

けふ一日けふの影連れ秋遍路/吉田汀史

秋遍路厠を出でてゆきにけり/坂/秋朗

ひたすらに荒磯伝ひの秋遍路/近藤一鴻

ふくろより袋を出せり秋遍路/和久利甫

白波につまづく秋の遍路かな/石飛如翠

秋遍路すぐ石段をのぼりけり/山本洋子

磯伝ひゆけりひとりの秋遍路/茨木和生

笠とつて髪の笠ぐせ秋遍路/三浦恒礼子

山を見つ山に見られつ秋遍路/日美清史

綿菓子を秋の遍路の鈴過る/橋本千代乃

老いて手を子に預けたる秋遍路/林昌華

秋遍路憩ひし石を拝み去る/久保田硯石

山門を小走りに出る秋遍路/山口ススミ

磴上る影きくきくと秋遍路/深見けん二

船ゆれて手の鈴鳴れり秋遍路/別府一柚

接待のグリーン茶賜ふ秋遍路/小林定子

秋遍路硫黄島から来たと言ふ/吉田汀史

落日に明日を恃みて秋遍路/谷村美智子

街の燈を影で過ぎゆく秋遍路/落合/敏

声高に来る秋遍路武甲山晴れ/芳賀昭子

俳句例:61句目~

欠け茶碗それも大事に秋遍路/高濱年尾

身の丈の杖は漕ぐさま秋遍路/井沢正江

二人ゆくひとりは影か秋遍路/井沢正江

連れし子の首に大数珠秋遍路/岡田游子

予の国の大入日かな秋遍路/浅井青陽子

鈴の音を指先に聴く秋遍路/瀬戸内敬舟

鈴振つて湖わたり来る秋遍路/中山純子

秋遍路去りて塔影つつと伸ぶ/皆吉爽雨

風たてば風に吹かれて秋遍路/大櫛静波

一歩二歩秋の遍路となりゆけり/横山節子

秋遍路時計止まつてゐたりけり/宮坂静生

秋遍路水うまさうにのみにけり/細見綾子

人ごみにありてとぼとぼ秋遍路/高浜虚子

荷の白き秋の遍路をははかとも/関戸靖子

めをとともさにあらずとも秋遍路/森田峠

秋遍路笠のうしろは空ばかり/松岡也寸志

相触るる人もこの身も秋遍路/稲垣きくの

補陀落の海きらきらと秋遍路/古賀まり子

秋遍路雲の中より下りて来し/目貫るり子

老一人秋の遍路のあはれなる/國貞たけし

俳句例:81句目~

秋遍路風の中よりあらはるる/喜多みき子

秋遍路すぎつつつひに面上げず/井沢正江

さむ~と影なき秋の遍路かな/佐々木肖風

筬の音を聞きつつ鈴ふる秋遍路/佐藤希世

とこしへの秋の遍路となり給ふ/田部谷紫

ひもじさをまぎらす鈴か秋遍路/鷹羽狩行

へらへらと駅蕎麦食うべ秋遍路/角田拾翠

みなうしろ姿ばかりの秋遍路/野見山朱鳥

香煙のさすらふさまに秋遍路/阿波野青畝

鈴となり風となりゆく秋遍路/佐土井智津子

秋遍路去りし香炉のひとり燃ゆ/三浦恒礼子

バスとほるこんなほそみち秋遍路/小川軽舟

飛ぶやうに秋の遍路のきたりけり/黒田杏子

野の風に追はるるごとく秋遍路/竹内貴久枝

秋遍路振り向くことのなかりけり/田井野ケイ

ついと出づうしろすがたの秋遍路/阿波野青畝

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ