季語/潤目鰯(うるめいわし)を使った俳句

「潤目鰯」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「潤目鰯」について

【表記】潤目鰯

【読み方】うるめいわし

【ローマ字読み】urumeiwashi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・うるめ(うるめ:urume)

季節による分類

・「う」で始まる冬の季語

・「冬の動物」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

潤目鰯を含む俳句例

妻は渦潤目鰯を擂りつづけ/小田亨

一合を愉しむ潤目鰯かな/山崎ひさを

うるめ干す路地の続きの市/吉村靖子

右に釈迦ひだりに潤目鰯かな/若森京子

檜扇の如く並べし潤目鰯かな/青木月斗

海の色秘めたる潤目鰯焼く/副島いみ子

藍蓄めて潤目鰯も枯れいそぐ/稲島帚木

潤目鰯干す美しく干す波切の婆/高澤良一

潤目鰯の硬さご飯のあたたかさ/高澤良一

潤目鰯干す昃りて濃き海を負ひ/綿引金吾

うるめ焼くわれも市井の一詩人/柴原保佳

沖に鮫棲むと言ふ浜うるめ干す/川口利夫

あかつきの潤目鰯に糶の短かさよ/古舘曹人

火の色の透りそめたる潤目鰯かな/日野草城

うるめ焼く人にたのしく皿はあり/永田耕衣

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ