季語/初冬(はつふゆ/しょとう)を使った俳句

「初冬」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「初冬」について

【表記】初冬

【読み方】はつふゆ/しょとう

【ローマ字読み】hatsufuyu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・上冬(じょうとう:joto)

・孟冬(もうとう:moto)

・冬の始(ふゆのはじめ:fuyunohajime)

季節による分類

・「は」で始まる冬の季語

・「冬の時候」を表す季語

・「初冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

スポンサーリンク

初冬を含む俳句例

初冬の柿猶保つ谷の家/青嵐

初冬や山の鴉は紫に/野村喜舟

初冬は遠語部の涙壷/栗林千津

初冬や僧堂めぐる水速し/井上雪

初冬や蘭に培ふ乾き砂/中川四明

週刊誌手に初冬の海の駅/原田喬

初冬や青きは鳥の麦畠/野村喜舟

初冬の雲に芒の小諸城/高田蝶衣

紺絣冬の初めの音立てぬ/原田喬

初冬の月痕まざと奥黒部/有働亨

初冬や空へ吹かるゝ蜘の絲/召波

初冬の雲灰色に沖の方/桑村竹子

初冬の引堀靄を育てをり/有働亨

初冬の好日欅一樹立ち/松村蒼石

初冬の海を鏡に子の読書/原和子

初冬や心肥えたる般若経/野村喜舟

鵯の青の法師の冬始め/八木林之介

初冬のわが影を置く水の上/朔多恭

初冬の一ひらの雲いゆき鳴る/篠原

初冬や竹伐る山の鉈の音/夏目漱石

俳句例:21句目~

初冬の庭に筧や二尊院/五十嵐播水

石棺の蓋濡れ色に冬浅し/河原芦月

初冬の旅朝焼の紅濃ゆく/柴原保佳

初冬の狐の聲ときこえたり/泉鏡花

初冬や兵庫の魚荷何々ぞ/黒柳召波

初冬や涙のごとき雲流れ/岸秋渓子

初冬や本めいせんの旅衣/松瀬青々

初冬の障子に近く心足る/椎橋清翠

托鉢の駅頭に立つ冬初め/西村和江

山房に鳩の籠り音冬初め/深谷雄大

初冬や野葡萄熟す藪の中/寺田寅彦

初冬や鳥屋が近き鶏の声/小澤碧童

初冬や日影藪漏る寺の椽/藤野古白

初冬や髭剃りたての男振/尾崎紅葉

初冬や障子のうちの晴曇/増田龍雨

冬浅き畳にひろぐ肌着類/高澤良一

初冬の袖垣青き露天風呂/越智協子

初冬や訪はんとおもふ人来り/蕪村

初冬や日和になりし京はづれ/蕪村

初冬や行李の底の木綿縞/細見綾子

俳句例:41句目~

初冬のけはひにあそぶ竹と月/原裕

初冬の道伸びゆけば善光寺/廣瀬直人

蛍光灯唄ふごと点き冬浅し/藤田湘子

芝踏めば土の応へや冬初め/小川軽舟

肘突きの成りし五彩や冬初/小澤碧童

紺足袋の女も冬の初めかな/大谷句佛

百幹の松に初冬の縄ごろも/小宮山勇

初冬や吉田の里に移り住み/山田三子

渡り鳥渡りつくせり初冬蚕/栗生純夫

初冬の門広し兵の執る箒/楠目橙黄子

柳川の初冬の朝の舟だまり/星野立子

初冬晴九輸の尖の尖まで塔/川島千枝

初冬や仮普請して早住めり/高浜虚子

初冬や庭に加ふる海の石/神尾久美子

初冬や南蛮といふ辛きもの/野村喜舟

一刹那初冬の鳶の影浴びぬ/高澤良一

初冬や野の朝はまだ草の露/尾崎迷堂

前垂の手織木綿の冬始まる/草間時彦

初冬の月裏門にかかりけり/正岡子規

麹の香初冬の宵を早めけり/高澤良一

俳句例:61句目~

初冬の水平線のかなたかな/角谷幸子

暁紅の海が息づく冬はじめ/佐藤鬼房

はつ冬や空へ吹かるゝ蜘のいと/召波

初冬や鶲は崖を鳴きこぼれ/野村喜舟

初冬や庭木にかわく藁の音/室生犀星

冷静に生き曖昧に初冬に亡く/竹中宏

初冬や渋谷の人出よそよそし/湯川雅

初冬の粟殻積むや櫨のもと/西島麦南

冬浅し曲りてもまた海鼠壁/芝山吉宣

初冬の苔うすうすと鐘の下/岸本尚毅

初冬の大塵取に塵少し/阿部みどり女

初冬の萩も芒もたばねけり/正岡子規

初冬や石油で洗ふ絵の具筆/栗林千津

飛行雲ほうけ流るる初冬かな/三好菊枝

はつ冬の丹波木綿を重く着る/中山純子

はつ冬や我が子持ちそむ筆硯/飯田蛇笏

ひと筋の潮目や越の冬はじめ/六本和子

ハミングに黒人霊歌冬はじめ/井沢正江

一木を断つと初冬の天に告ぐ/川島喜由

三ケ月はかりんの匂ひ冬はじめ/斉藤節

俳句例:81句目~

丹後峰山鏡を隠す冬はじめ/宇多喜代子

冬のはじめ歳のをはりの綱の束/竹中宏

初冬なほ紅葉に遊ぶ人等かな/高濱年尾

初冬のこゝろにたもつ色や何/原コウ子

初冬のすでに膝まで没しきて/平井照敏

初冬のなまじ日を得し波淋し/西村和子

初冬の人かたまりて来りけり/細川加賀

初冬の尾花にきらふ夕日かな/藤野古白

初冬の浄土びかりす熊野灘/福田甲子雄

初冬の眼しぶくてみちのくは/榎本愛子

初冬の鋪道の石は欠けしまま/今泉貞鳳

初冬の音ともならず嵯峨の雨/石塚友二

初冬や利根の田舎の汽船着場/小杉余子

初冬や向上の一路まだ開かず/夏目漱石

初冬や少し熱しと野天風呂/高橋淡路女

初冬や川添ひ行くに水は樹は/尾崎迷堂

初冬や年忌の汁に顔うつり/大峯あきら

初冬や灯明りに拝む厨子の像/滝井孝作

初冬や竜胆の葉の薄もみぢ/松本たかし

初冬や訪はんと思ふ人来ます/與謝蕪村

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ