季語/新海苔(しんのり)を使った俳句

「新海苔」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「新海苔」について

【表記】新海苔

【読み方】しんのり

【ローマ字読み】shinnori

子季語・関連季語・傍題・類語など

・初海苔(はつのり:hatsunori)

季節による分類

・「し」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「晩冬」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

新海苔を含む俳句例

新海苔や肴乏しき精進落/正岡子規

新海苔の市に上るや初桜/子規句集

新海苔や薄口醤油皿の紺/阿片瓢郎

新海苔の海へ確かな村の刻/対馬康子

新海苔の匂ひ運びし浜の女/安藤寿胡

新海苔や降り出す雪の佃島/皆川盤水

湯の宿の膳に新海苔二三枚/浅見まき子

燈台が灯り寒海苔打ちはじむ/萩原麦草

新海苔の黒髪に似て匂ひけり/荻野千枝

新海苔と筆太に書き日本橋/吉沢ひさ子

新海苔や夜は町川を埋めて舟/皆吉爽雨

新海苔や誰が袖が浦紺ちゝぶ/藤野古白

新海苔の封切る妻の若やげる/芥川桟吉

新海苔の帯封解かれて発光す/石村与志

新海苔をかじりて山本周五郎/加藤冬人

抱き入るゝ新海苔に雨走りけり/萩原麦草

抱き入れし新海苔に雨走りけり/萩原麦草

新海苔の塩よく効きし握飯/吉川/きわえ

新海苔の封切る前に香りけり/船坂ちか子

新海苔の干場は稲架を払ひたる/皆吉爽雨

俳句例:21句目~

新海苔の手摘みといふを賜りぬ/高橋悦男

新海苔の色つやを賞づ朝餉かな/飯山白咲

新海苔をたたむ背後の濤ふくれ/長崎掬虹

新海苔を灸つてゐたる神父かな/橋本榮治

新海苔を買へば用なし町にゐて/森田三泉

たかぶりて寒海苔赭き潮かぶる/萩原麦草

一ト握りほどな寒海苔水垂らす/萩原麦草

出刃持って小柴の寒海苔百叩き/高澤良一

寒海苔の漆光りをたたみけり/新村喜和子

海荒るゝ夜は寒海苔の水きらす/萩原麦草

新海苔としての艶とはあきらかに/稲畑汀子

新海苔やビルに老舗の暖簾かけ/黒米松青子

寒海苔の舟から降りし裸足かな/岩井久美恵

新海苔買ふ仲見世の灯のはなやぎに/加藤松薫

新海苔や午前の便にも午後の便にも/相島虚吼

なまくら出刃もって寒海苔叩くかな/高澤良一

手間暇掛け拾ひし寒海苔これっぽち/高澤良一

新海苔の艶はなやげる封を切る/久保田万太郎

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ