季語/鳴雪忌(めいせつき)を使った俳句

「鳴雪忌」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鳴雪忌」について

【表記】鳴雪忌

【読み方】めいせつき

【ローマ字読み】meisetsuki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・老梅忌(ろうばいき:robaiki)

季節による分類

・「め」で始まる春の季語

・「春の行事」を表す季語

・「初春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

スポンサーリンク

鳴雪忌を含む俳句例

尼寺に小句会あり鳴雪忌/高濱虚子

山里の雨の一日や鳴雪忌/帖地津木

恥しき貧乏髯や鳴雪忌/和佐田鈍刀

憚らず伴せし憶い鳴雪忌/富田潮児

日本派の流れに我も鳴雪忌/安原葉

草庵や心ばかりの鳴雪忌/野津無字

麦の畝遠く正しき鳴雪忌/石川辛夷

なつかしき明治俳壇鳴雪忌/加藤梅晨

一握の米煮て足るや鳴雪忌/白川京子

湯葉落す熱き吸物鳴雪忌/富田八重子

白梅の白きに堪へず鳴雪忌/佐藤紅緑

鳴雪忌二月一度も雪降らず/堀田春子

おほかたの故人空しや鳴雪忌/高濱虚子

虚子館の似顔絵親し鳴雪忌/大久保白村

鳴雪忌過ぎし畦田の青みそむ/河野南畦

この道をふみもまどはず鳴雪忌/富安風生

ひと日降りつのりて籠る鳴雪忌/稲畑汀子

今日と知り幅かけかへぬ鳴雪忌/野村泊月

凍豆腐のよく出来にけり鳴雪忌/田中冬二

忘れてもえゝぞなもしと鳴雪忌/川崎展宏

俳句例:21句目~

梅を挿して神酒は供げず鳴雪忌/富安風生

水隠れの魔羅しづかなる鳴雪忌/坊城俊樹

鳴雪忌より一日早き忌なりけり/村山古郷

子規知らぬコカコーラ飲む鳴雪忌/秋元不死男

水はなを反古にうつして鳴雪忌/長谷川かな女

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ