季語/病葉(わくらば)を使った俳句

「病葉」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「病葉」について

【表記】病葉

【読み方】わくらば

【ローマ字読み】wakuraba

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「わ」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

病葉を含む俳句例

突然に病葉雲の峰よぎり/上野泰

夕山の病葉はえぬ一嵐/中島月笠

病葉や鋼のごとく光る海/飴山實

病葉や学問に古る白浴衣/原石鼎

病葉の降りその色に河流る/瀧春一

萬緑に堪えざる病葉と思ふ/岡本眸

百尺の幹を病葉追落ちぬ/高橋千曲

わくら葉に秋を催す梢あり/柴浅茅

病葉の火の色をして石の上/石嶌岳

病葉をはこぶ蟻あり嵐山/松瀬青々

病葉の水になじまぬまゝ流れ/章子

病葉や隣の森の公使館/楠目橙黄子

病葉や老病死生常なれど/福田蓼汀

病葉の朽つ香萬年上人塚/高澤良一

飴色の病葉落ちて骨の音/高澤良一

未明降る病葉広き水の上/高澤良一

病葉や妻縦横に鋏使ふ/加倉井秋を

病葉や大地に何の病ある/高浜虚子

病葉の雨の明るき法の山/勝又一透

病葉の隣りその色に河流る/瀧春一

俳句例:21句目~

病葉の美しすぎてふり返り/佐藤佐世

病葉や十字架胸に清教徒/楠目橙黄子

巨いなる病葉舞へり人の中/草間時彦

病葉や荊棘の道他ならざる/石塚友二

病葉を拾えば泰山木堅し/西村我尼吾

散らばりて雨の病葉五六枚/円仏美咲

病葉を振り落しつゝ椎大樹/高浜虚子

箱庭に病葉落ちて大いなり/富安風生

わくら葉の梢あやまつりんご哉/蕪村

櫨の木の火の病葉を舟の上/石田勝彦

金池の縁に病葉かたよれり/島田青峰

雨あとの磴打ち泰山木病葉/高澤良一

病葉が晴天高きより落ち来/藤沢周平

病葉赤き栃の大樹や巴里祭/堀口星眠

病葉に朝餉の煙かゝりけり/島田青峰

一枚の桐の病葉扉に咬まれ/田村木国

一枚の病葉であり寝返れり/高澤晶子

病葉の降る混浴の隅占めぬ/高澤良一

病葉のほそきが落つる早さかな/青畝

わくら葉や家の訓への口づたへ/狩行

俳句例:41句目~

土牢へ病葉にほふのぼり道/高澤良一

夕猿の病葉降らしいる高さ/楠木麦女

わくら葉の落る間宿る太山哉/松岡青蘿

金属音たてて病葉駆けりけり/鈴木貞雄

病葉の水にしづめる一つかな/高澤良一

病葉の日日濃き紅を哀しめり/平野泰代

病葉や古りも古りたる厠廊/大橋櫻坡子

病葉の二枚こいつが君と僕/田川飛旅子

病葉の乾ける早さ地にまろび/稲畑汀子

病葉や朝ごと替ふる手水鉢/大橋櫻坡子

病葉や聖母の衣に触れて落つ/中島久子

山深み拾ふ病葉手にはせる/鈴鹿野風呂

わくら葉や天の青さに宿廃れ/木村蕪城

病葉の渦にのりゆく迅さかな/石橋秀野

わくら葉を指にひろへり長やまひ/草城

病葉のはなやぎ落つる墓の上/村山古郷

吉野路やさくら病葉降る頃を/山田弘子

病葉のとゞまるごとく落つるあり/青椒

咲きいそぐ夕顔や病葉もまた/松村蒼石

病葉のいさゝか青み残りけり/野村喜舟

俳句例:61句目~

病葉をひたと水面受け止めて/高澤良一

病葉を千枚かぞへ振り向けり/坂井三輪

掃き終へし後のわくら葉は掃かず/龍男

日蝕し病葉落つるしきりなり/高濱虚子

校門を病葉のころがり出し/成瀬正とし

病葉の漂ひてをり瀬にのらず/新田郊春

疲れたる空病葉を降らせけり/岩岡中正

病葉が滑りてかたき墓石かな/西村和子

病葉を拾へば煤の長柄かな/島村元句集

病葉の日当る方へ散り行けり/棚山波朗

病葉落つ鋼の音を立てゝ落つ/高澤良一

病葉の降る榧寺へ参りけり/大場白水郎

病葉の歯朶にあたりて落ちにけり/紀陽

病葉として地に還る日を早め/大島早苗

病葉の落ちたる些事に水韻く/長谷川双

病葉ちる寂光ふるき墓ばかり/村山古郷

病葉の飛び来て固し教師の手/石田勝彦

病葉も蝶も堕ちゆく谷深し/青柳志解樹

病葉の宿とはなりぬ軒すだれ/高橋淡路女

病葉のひとつの音の前後かな/阿波野青畝

俳句例:81句目~

わくら葉が落ち働ける蟻かくす/田中灯京

わくら葉にとりついて蝉のもぬけ哉/蕪村

病葉やあながちの恋紅の照り/松根東洋城

病葉の飛びゆくに犬立ち上がり/岸本尚毅

窓あいてゐれば病葉そこへ落ち/岸本尚毅

病葉や苦衷語らずまた問はず/永峰久比古

病葉の落つや今年も早なかば/高橋淡路女

病葉になほ舞ふ意ありにけり/丸山しげる

病葉の掃きよする黄の俄かなり/皆吉爽雨

病葉の散るとてかへる山家かな/前田普羅

病葉や石にも地にも去年のやう/前田普羅

病葉や神の間引きに遭ふといふ/柴田奈美

病葉の落ちしばかりの湿りかな/鎌田眞弘

わくら葉や日の盛りなる幽さあり/斎藤信一

吹きまろぶ病葉あそぶ檜皮屋根/阿波野青畝

山の蝶去りて病葉ののこる石/竹中九十九樹

水に乗りてより病葉のいきいきと/寺岡捷子

病葉の透きとほりたる落ちにけれ/後藤夜半

にぎわしき日の出に踏みし病葉よ/萩原麦草

病葉やもの載せて秤の針うごく/加倉井秋を

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ