季語/藁盒子(わらごうし)を使った俳句

「藁盒子」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「藁盒子」について

【表記】藁盒子

【読み方】わらごうし

【ローマ字読み】waragoshi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・幸籠(さいわいかご:saiwaikago)

季節による分類

・「わ」で始まる新年の季語

・「新年の生活」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

藁盒子を含む俳句例

藁盒子長ぶりしるき門構へ/渡辺佼

藁盒子饌米砂にこぼれゐる/浜野潮花

鶯の巣かも知らずよ藁盒子/松瀬青々

人日の朝食の湯気を藁盒子/尾亀清四郎

紅白のなますのけぞる藁盒子/岡田文子

百ケ村幸籠のめでたさよ/津々日まもる

めのと出て結びましけり藁盒子/高田蝶衣

よべの飯凍てつきゐるや藁盒子/坂井華渓