季語/早稲(わせ)を使った俳句

俳句例:101句目~

釣戻り早稲田一枚刈られたる/金尾梅の門

帆曳舟早稲吹く風に出でゆけり/岡本まち子

幼年時代濃くなつて早稲匂ふかな/栗林千津

手にふれて早稲の穂ぬくし峡の径/加藤武夫

早稲くぐる猫に食物乏しかり/長谷川かな女

早稲の香や有磯の浜の放れ駒/詠み人しらず

早稲負うて熊野の神を拝み過ぐ/水原秋櫻子

早稲の香や灯して続く地下工事/豊田美奈子

早稲の香や子の髪すぐに乾きたる/伊藤ふみ

木曾馬のいななき早稲の穂は揃ふ/木村蕪城

早稲を刈る朝きよときよとと鶏の首/中拓夫

鶴来ると早稲も晩稲も熟れいそぐ/邊見京子

早稲の香やはや波荒き能登の海/村田よう子

涼しさのはや穂に出でて早稲の花/正岡子規

早稲刈つて田の面暗さや鳴く雀/芥川龍之介

父の忌の早稲の刈りある家郷かな/鈴木穀雨

早稲刈りて空の深さをすこし足す/大関靖博

早稲刈りにそばへが通り虹が出し/細見綾子

いつもより遠望がきく早稲の香に/能村研三

はや早稲かもう苅とれば鳥もさぞ/広瀬惟然

俳句例:121句目~

児のことば日毎たしかに早稲の花/池田秀水

早稲の香や朝の農夫のこゑ濡れて/畠山譲二

子の手術終へしや町に早稲の波/秋元不死男

山鳩の向きかへて飛ぶ早稲明り/大峯あきら

あけくれに霧降る早稲を刈りいそぐ/山口草堂

朝餌まく早稲田の葉ずゑつゆむすぶ/飯田蛇笏

早稲の香のしむばかりなる旅の袖/橋本多佳子

早稲の香に羽がひ締めたる鵜綱干す/細見綾子

早稲にまだ青味のはしる肥後の国/能村登四郎

早稲の香に沈みゆく陽の泥まみれ/福田甲子雄

世の憂さや早稲つみ垂るる舟の垢/越中-呂風

沼びとの沼には出でず早稲を刈る/水原秋櫻子

曼珠沙華早稲をかけたる日おもてに/木津柳芽

早稲の香や日照雨かすかな音すなり/皆川盤水

早稲の香や父母に離るる日のあらむ/妹尾静子

葉がくれに見えそむ早稲の初穂かな/村上鬼城

早稲の黄を刈るや素顔の能登荒れに/山根松於

早稲の香に噎せんばかりの近江かな/中川義昭

早稲植ゑて湖もさざなみおのづから/根岸善雄

還り来てすはや早稲刈りゐたりしよ/石塚友二

俳句例:141句目~

早稲の田に刈すかさるる小村かな/越中-林紅

蚊帳はづす夜明は早稲の香に満つる/木村蕪城

刈入れてうらやまれけり早稲つくり/越中-嵐青

水鶏ゆくや山びと愛しむなり早稲花/日夏耿之介

道がみなやはらかく見ゆ早稲は穂に/八木林之介

早稲の香におぼるるばかりささら獅子/落合水尾

早稲の田のひろびろとして長谷の寺/柳詰/千賀子

陵は早稲の香りの故郷かな/『定本石橋秀野句文集』

早稲の香や夜さりも見ゆる雲の峰/一茶/文政五年壬午

タイトルとURLをコピーしました