季語/忘れ霜(わすれじも)を使った俳句

「忘れ霜」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「忘れ霜」について

【表記】忘れ霜

【読み方】わすれじも

【ローマ字読み】wasurejimo

子季語・関連季語・傍題・類語など

・晩霜(ばんそう:banso)

・終霜(しゅうそう:shusou)

・霜害(そうがい:sogai)

・名残の霜(なごりのしも:nagorinoshimo)

・別れ霜(わかれじも:wakarejimo)

・霜の別れ(しものわかれ:shimonowakare)

・霜の果(しものはて:shimonohate)

季節による分類

・「わ」で始まる春の季語

・「春の天文」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

忘れ霜を含む俳句例

鶯も元気を直せ忘れ霜/一茶

夜を徹す索引づくり忘れ霜/原裕

柏原足で崩せる忘れ霜/高澤良一

酒甕を傘立代り忘れ霜/石川桂郎

たどるみち桑あは~し忘れ霜/及川貞

忘れ霜忘れし頃に桑の芽に/倉田紘文

梅桃の接穂ちらばり忘れ霜/堀口星眠

古書街のまばらなる灯や忘れ霜/風間圭

埋めもどす古墳の上の忘れ霜/酒井美幸

忘れ霜モノクロ映画に血の騒ぐ/小池溢

忘れ霜一茶に七番日記かな/藤田あけ烏

浮き上がる飛石一つ忘れ霜/内藤千鶴子

鬼房の忌が見え忘れ霜の照り/佐藤鬼房

ながらへてながらへて踏む忘れ霜/水野柿葉

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ