季語/実朝忌(さねともき)を使った俳句

「実朝忌」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「実朝忌」について

【表記】実朝忌

【読み方】さねともき

【ローマ字読み】sanetomoki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・金槐忌(きんかいき:kinkaiki)

・鎌倉右大臣忌(かまくらうだいじんき:kamakuraudaijinki)

季節による分類

・「さ」で始まる春の季語

・「春の行事」を表す季語

・「初春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

スポンサーリンク

実朝忌を含む俳句例

庭掃除して梅椿実朝忌/星野立子

みどり藻の高波の跡実朝忌/中拓夫

実朝忌波の上なる女下駄/川崎展宏

雨水の顔を流るる実朝忌/長谷川櫂

信号を信じて渡る実朝忌/佐伯昭市

実朝忌牛の不機嫌通りける/斎藤玄

初島は沖の小島よ実朝忌/遠藤韮城

鎌倉に実朝忌あり美しき/高浜虚子

低山に入日はづめる実朝忌/岸田稚

紅梅の空は蘇芳や実朝忌/久米正雄

庭に色あるは山茱萸実朝忌/及川貞

実朝忌伊豆の山脈あらけなく/原裕

鵯鳴くは大椿木よ実朝忌/永井龍男

実朝忌床に散乱する白波/杉野一博

鳶の舞ふ鎌倉山や実朝忌/石井桐陰

浪がしらあるひは撓ひ実朝忌/齋藤玄

誰が歌も世に遺れかし実朝忌/林昌華

舶来の時計が欲しき実朝忌/攝津幸彦

大挙して実朝の忌の沖つ波/高澤良一

紅顔の人等つどへり実朝忌/山口青邨

俳句例:21句目~

実朝忌由井の浪音今も高し/高浜虚子

暁天の纖き月あり実朝忌/大橋桜坡子

雨雲にこもれる月や実朝忌/高橋馬相

積む雪の仄かに匂ふ実朝忌/下山宏子

実朝忌知らぬ鎌倉美しく/遠藤加寿子

白木瓜の庭美しき実朝忌/小原菁々子

浪がしらあるひは撓む実朝忌/齋藤玄

松籟の武蔵ぶりかな実朝忌/石田波郷

闇深く海鳴りつづく実朝忌/本玉秀夫

鎌倉は四方の砲音に実朝忌/久米正雄

山椿撰び折り来て実朝忌/松本たかし

松の上に狂ひ風あり実朝忌/清水基吉

ほの白き昼の月あり実朝忌/上野百人

軍人の帽子もかゝり実朝忌/河野静雲

実朝忌椿の花は落ち易く/高橋淡路女

実朝忌外箱失せし愛書かな/能村研三

面売の婆に見知りや実朝忌/青木重行

頼朝のこと思ひつつ実朝忌/岸本尚毅

魂匣の流れ着くなり実朝忌/冨田拓也

実朝忌海より空の曇りくる/久米正雄

俳句例:41句目~

雪嶺に雪あらたなり実朝忌/相馬遷子

実朝忌あし跡のみの百千鳥/小檜山繁子

実朝忌われに文盲の母ひとり/菊地一雄

実朝忌柵をなほしにでたるまま/中田剛

実朝忌海みて鴨を食ひをはる/鈴木太郎

富士の辺に烽火の入日実朝忌/井沢正江

屋根を飛ぶ潮けむり見よ実朝忌/森田峠

引く浪に貝殻鳴りて実朝忌/秋元不死男

我が椿いたむる雪や実朝忌/松本たかし

日の崖の砂さらさらと実朝忌/戸川稲村

実朝の忌を江ノ電の横揺れに/早乙女健

日洩れきし谷を急ぎて実朝忌/石田波郷

日矢やさし松は年経し実朝忌/清水基吉

晩学を恥づるにあらず実朝忌/下村梅子

桜貝踏みつつ実朝忌とおもふ/須川洋子

波どどと春ととのはず実朝忌/山岸治子

流鏑馬の射手に外人実朝忌/八幡より子

日もすがら松吹く風や実朝忌/下村梅子

海光に髪を刈らしむ実朝忌/田川飛旅子

海坂の暮るるに間あり実朝忌/鷹羽狩行

俳句例:61句目~

濤こだま実朝忌まだ先の日ぞ/友岡子郷

病む窓に伊豆の海あり実朝忌/木村蕪城

白くあがる波を遠目に実朝忌/平井照敏

絵巻見て伊豆の海見て実朝忌/大島民郎

美しく舌のふれ合う実朝忌/渡辺誠一郎

菜の花の茎めでたかれ実朝忌/横光利一

鎌倉に住みしことあり実朝忌/高濱年尾

鎌倉ゆき電車でひげ剃る実朝忌/竹中宏

鎌倉右大臣実朝の忌なりけり/尾崎迷堂

雪となる雨を見てをり実朝忌/角川春樹

雪吊のもとどり荒び実朝忌/鍵和田釉子

いたづらに長寿願はず実朝忌/下村梅子

その時も鳩は翔ちけむ実朝忌/山口青邨

伊豆の海の浪の巻穂や実朝忌/野村喜舟

名をかへて流るる川や実朝忌/進藤一考

子を失ひし母われ今日を実朝忌/及川貞

実朝の忌の浪音を聴きに来し/大野崇文

黒き泡眼の中を飛び実朝忌/田川飛旅子

死なざりしかば相逢ふも実朝忌/石田波郷

傘を持つ手のつめたくて実朝忌/大井雅人

俳句例:81句目~

松に降る雪ほたほたと実朝忌/冨田みのる

てのひらにくれなゐの塵実朝忌/永島靖子

しらべよき歌を妬むや実朝忌/阿波野青畝

実朝忌孤雲日を載せみんなみに/福田蓼汀

きざはしに風流れ落つ実朝忌/中村喜美子

がうがうと谷戸に風ある実朝忌/高須禎子

白昼の炎にいろのなし実朝忌/鷲谷七菜子

伐られたる樹の叫ぶあり実朝忌/永井龍男

雲のごとく咲ける野梅や実朝忌/河野静雲

頼家もはかなかりしが実朝忌/水原秋櫻子

大銀杏芽吹かんとして実朝忌/大気/十潮

鵙の瞳の黒眼がちなり実朝忌/大木あまり

口衝いていづる和歌あり実朝忌/後藤夜半

沖はるかに火口の雪や金槐忌/伊丹さち子

竹伐つてほめくてのひら実朝忌/星野麦丘人

実朝の忌の磴をわがひとりくだる/藤岡筑邨

実朝忌由比のおぼろのはじまれり/石原舟月

実朝忌なりしかなほも積む雪に/長谷川かな女

いくさ敗れなほしみじみと実朝忌/長谷川秋子

実朝忌くるぶしに来る池の冷え/鍵和田ゆう子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ