季語/花菜漬(はななづけ)を使った俳句

「花菜漬」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「花菜漬」について

【表記】花菜漬

【読み方】はななづけ

【ローマ字読み】hananazuke

子季語・関連季語・傍題・類語など

・菜の花漬(なのはなづけ:nanohanazuke)

・花菜摘(はななつみ:hananatsumi)

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

花菜漬を含む俳句例

花菜漬鞄に夜の京都駅/原田喬

房州やはや駅弁に花菜漬/福島胖

花菜漬持ち姉の家に居候/田中敬子

花菜漬飯白きこと二三日/桂樟蹊子

花菜漬再会も亦別れなる/荒井正隆

学ぶ友殖えて集まる花菜漬/影島智子

寝足りたる旅の朝の花菜漬/稲畑汀子

苞に提げ旅明るうす花菜漬/村越化石

名の寺の春の色なる花菜漬/角川春樹

板前のまかなひ飯の花菜漬/鈴木智子

粥も好き京の朝餉の花菜漬/浅野白山

うれしさの啄むやうに花菜漬/川崎展宏

ほろ~と箸よりこぼれ花菜漬/中西利一

上ミ京の花菜漬屋に嫁入りし/高浜虚子

二つ三つ大きな花や花菜漬/高月ポプラ

人の家に起居の翳や花菜漬/八木林之助

味はふてみたき紀州の花菜漬/高澤良一

多い目に御飯を炊いて花菜漬/稲畑汀子

太食のまらうど泊めて花菜漬/亀井糸游

夫の忌は嫁にもどりて花菜漬/赤尾恵以

俳句例:21句目~

母たりし祖母の忌日や花菜漬/森川暁水

父の箸すこし剥げをり花菜漬/小澤克己

祖母の忌や朝炊めしに花菜漬/森川暁水

花菜漬日の丸に風あそびをり/菅原鬨也

花菜漬二人住まいの石軽く/大月さかゑ

花菜漬夫の知らざる石重し/殿村菟絲子

花菜漬通ひ妻また病みて来ず/石田波郷

花菜漬遠忌の箸にあはあはし/大野林火

貧しきに堪へ来し妻や花菜漬/田中冬二

顧みて子なきもよしや花菜漬/新上一我

鮎ずしの菜の花漬も吉野かな/角川春樹

御仏飯菜の花漬にいただきぬ/森川暁水

花菜漬燈よりも星の大きくて/中戸川朝人

花菜漬身の上のこと洩らしけり/近藤一鴻

花菜漬酔ひて夜の箸あやまつも/小林康治

子のこゑをひと月聞かず花菜漬/細川加賀

喪の膳にひとつまみほど花菜漬/近藤一鴻

人の世をやさしと思ふ花菜漬/後藤比奈夫

目刺あり花菜漬あり他は要らず/下村梅子

身ほとりにいつも妻をり花菜漬/西浦一滴

俳句例:41句目~

追つかけて伯母の忌日や花菜漬/森川暁水

花菜漬歯にはさまりゐ病よし/猿橋統流子

花菜漬涙腺と云ふ愚かなもの/河野多希女

花菜漬夜は生き生きと海女の厨/加藤知世子

花菜漬はさみし麺麭をこぼれけり/石田波郷

貧しさはすがしきものよ花菜漬/細木芒角星

花菜漬ほろほろ癒えてみてもひとり/岡本眸

花菜漬白湯に咲かせて一人の夜/野見山ひふみ

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ