季語/椿餅(つばきもち)を使った俳句

「椿餅」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「椿餅」について

【表記】椿餅

【読み方】つばきもち

【ローマ字読み】tsubakimochi

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「つ」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

椿餅を含む俳句例

菱桜鶯蕨椿餅/秋山巳之流

中年の恋占いに椿餅/倉本岬

法華寺に届く塗箱椿餅/田中英子

満月や誰が指ふれし椿餅/中勘助

葉一枚のせて即ち椿餅/亮木滄浪

ほんたうの処濁して椿餅/高澤良一

前掛の板のごとしや椿餅/長谷川櫂

戻り来て常着の親し椿餅/有馬籌子

椿の葉餅より小さき椿餅/西本一都

観音の乳房はりきり椿餅/萩原麦草

不揃ひの葉も鄙ぶりの椿餅/山田弘子

京はまだしばらく寒く椿餅/青木紅酔

妻在らず盗むに似たる椿餅/石田波郷

忽然と僧こつねんと椿餅/赤松ケイ子

椿餅呼吸運動ひとやすみ/石田あき子

椿餅葉の本はすに切にけり/松瀬青々

うすうすと海の艶くる椿餅/宮本つる子

さう言へば壬生寺下ル椿餅/藤田あけ烏

上下の葉の反り合ふて椿餅/佐竹/たか

内と外を同時に観よと椿餅/田川飛旅子

俳句例:21句目~

夫の語に補足いく語や椿餅/石田あき子

朝市のすぐ売り切れて椿餅/山根きぬえ

椿餅嘆きは帯のきつさほど/河野多希女

花もはや散りがてにして椿餅/宮下萠人

いささかの香をなつかしみ椿餅/中田余瓶

薄羽織ぬいでたゝみぬ椿餅/阿部みどり女

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ