季語/喜雨(きう)を使った俳句

「喜雨」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「喜雨」について

【表記】喜雨

【読み方】きう

【ローマ字読み】kiu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・慈雨(じう:jiu)

・雨喜び(あめよろこび:ameyorokobi)

季節による分類

・「き」で始まる夏の季語

・「夏の天文」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

喜雨を含む俳句例

喜雨休馬は厩に嘶ける/福田蓼汀

亀石の首の短さ喜雨いたる/松本旭

青棗雫しとゞに喜雨の虹/西島麦南

百姓の肩に小猫や喜雨休/橋本鶏二

湯治場の二階三階喜雨の中/金田眸花

喜雨の中先頭の鉾動き出す/赤尾恵以

枝蛙喜雨の緑にまぎれけり/西島麦南

その辺の畦一廻り喜雨の中/森本礁葦

一島は喜雨片降りに草の丈/斎藤梅子

喜雨来る熊野三山詣で終ふ/高木晴子

慈雨よ慈雨山にふり麦にふれ/中勘助

厨にも水鳴る喜雨の音の中/谷野予志

孫抱いて喜雨の百姓大胡坐/橋本鶏二

玩物の素志時計屋を塞ぐ喜雨/竹中宏

青すゝき雨喜びて走りけり/宮崎寒水

喜雨到る音の次第に高まりし/久保茘枝

喜雨喜雨と蛙は口を受け口に/窪田英治

天の声喜雨葛の葉を流れけり/橋本夢道

喜雨の後ふたたび白し夜の雲/富安風生

明方の蚊帳風しむは喜雨いたる/及川貞

俳句例:21句目~

ふるさとの喜雨の山王村役場/高野素十

旱天の慈雨なる生絲相場かな/筑紫磐井

我去れば沛然と喜雨到るべし/高野素十

喜雨通りをり海石と山石と/中戸川朝人

慈雨到る君の陸稲に及びしや/川端龍子

大鯰たらひに浮いて喜雨の宿/橋本鶏二

喜雨一刻女神の像の乳ぬらす/有馬朗人

喜雨一里ぽつんと老婆の子守唄/松田進

竜神の咽び泣くかや喜雨の夜/油井和子

百姓のくはへたばこや喜雨休/橋本鶏二

喜雨到り田廬の灯かがやける/内藤吐天

ありがたやひゞきて喜雨の竹雫/石塚友二

機上茶を喫して雲は喜雨ならむ/皆吉爽雨

無蓋貨車驀進喜雨にしぶき上ぐ/依田明倫

田の中の教会鐘打つ喜雨の虹/下村ひろし

秋草の御浄土なり甘露慈雨/長谷川かな女

窓にかほつき出してをり喜雨休/橋本鶏二

筆硯に及べる喜雨のしぶきかな/日野草城

足組んで腕組んで喜雨眺めゐし/高橋夕陽

酒場の軒へ突込む喜雨の乳母車/河合凱夫

俳句例:41句目~

鍬振つて喜雨逃さじと畦を守る/舘野翔鶴

開拓の風呂沸いてをり喜雨の中/永原亜閃

雷火とび喜雨の顔々かがやけり/臼田亞浪

青年の笑顔や喜雨を連れて来し/奈良文夫

風に騎り鬼神のごとく喜雨来る/河野静雲

風添ひし喜雨の簾をまきにけり/清原枴童

鳥けもの喜雨山中に出で逢へや/村越化石

喜雨という軽金属の鳴りだしぬ/山中葛子

喜雨に遭ふ棚蜘蛛の囲の躍る森/下村槐太

喜雨のあとふたたび白し夜の雲/富安風生

喜雨の中戻りし牛のやさしき目/加藤康人

喜雨の宿荒神の灯の立ちゆらぎ/緒方句狂

喜雨の尖端肺ごと走る郵便夫/磯貝碧蹄館

喜雨の虹ふるさと人と打ち仰ぎ/飯田京畔

喜雨を待つ水の近江も大阪も/三谷蘭の秋

牛のかほ女房のかほや喜雨の宿/橋本鶏二

室内の金魚も喜雨をよろこべる/右城暮石

寄合ひの最中に喜雨の至りけり/吉田槻水

小砂利には先づ一粒や喜雨至る/香西照雄

慈雨到る絶えて久しき戸樋奏で/高浜虚子

俳句例:61句目~

寺猫の乗りし畳に喜雨しぶく/長谷川かな女

喜雨祝ずぶ濡れになりたくてなる/太田土男

喜雨として来り凡雨として残る/相生垣瓜人

喜雨に煙り夜は月光に煙る木々/相生垣瓜人

喜雨につつまれてねむたき農一家/内藤吐天

喜雨の納屋大闇小闇濃くなりしよ/香西照雄

虹脚にうかびて喜雨の野の四五戸/皆吉爽雨

喜雨晴れ間光れば鍬も切れさうで/香西照雄

幾度も喜雨の小窓に顔を出す/阿部みどり女

みづうみの喜雨濁りして波立てり/金森柑子

電柱をのぞいて喜雨によみがへる/藤後左右

百日紅たゝきこぼして喜雨過ぎぬ/岡本松浜

蝉声に送られて喜雨去り行けり/相生垣瓜人

喜雨ありて朱雀大路のさわがしき/筑紫磐井

喜雨いづこもこわ満水の河つぷち/古沢太穂

喜雨の夜の鶏とまり木に玉となる/川口重美

ドラム罐ころがれるにも喜雨到る/右城暮石

蓑脱げばふどし一つや喜雨の人/天野きよし

此の晨危坐して喜雨を迎へけり/相生垣瓜人

ふり~てつひに喜雨でもなくなりぬ/藤後左右

俳句例:81句目~

うちぢゆうが灸据ゑ合うて喜雨休/酒井不去子

来る人の傘のけぶりて喜雨の中/山本二十二鹿

その辺のもの音たてて喜雨となり/頓所八重子

つまだちて見るふるさとは喜雨の中/加藤楸邨

不死男忌の慈雨ふんだんに傘に受く/本宮鼎三

合歓の葉はねむりそめつゝ喜雨の虹/西島麥南

喜雨どつとうだる鉄路を冷やしけり/依田明倫

在ることのしばらく喜雨の音の中/長谷川素逝

稍やおくれたりといへども喜雨到る/高浜虚子

慈雨光りお蚕みな繭にこもりけり/佐野青陽人

喜雨の蓑著けてふたゝび出でゆきし/若鍋一露

この空の降らぬ降るのと喜雨を待つ/長谷川素逝

喜雨を愛す身を乗りだせる橋を愛す/磯貝碧蹄館

喜雨の中しづかに漁火をつゞりけり/佐野まもる

葉ごとの音やがて一つに喜雨来たる/金箱戈止夫

天よりの喜雨のひとつぶ落ちにけり/長谷川素逝

柿の木のいつまで滴らす喜雨しづく/波多野爽波

いつときのほこり押さへの喜雨なれば/稲畑汀子

ほつほつと降つてをりしがいよゝ喜雨/石田峰雪

喜雨をもて塗り潰されし夜明けなり/相生垣瓜人

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ