季語/繍線菊(しもつけ)を使った俳句

「繍線菊」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「繍線菊」について

【表記】繍線菊

【読み方】しもつけ

【ローマ字読み】shimotsuke

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「し」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

繍線菊を含む俳句例

繍線菊や雲這ひ騰り暁の山/島田雅山

うるうると繍線菊草は朝の彩/高澤良一

在り慣れて蛍袋も繍線菊も/高濱きみ子

山雲雀巣立つ繍線菊の花盛り/内藤吐天

繍線菊の花にひろげし女物/後藤比奈夫

しもつけを地に竝べけり植木売/松瀬青々

しもつけ草東照宮のつくばひに/西本一都

繍線菊の咲けばほのかに兄恋し/黒田杏子

繍線菊の道とほどほし富士の前/巌谷小波

繍線菊や富士を纏く道やはらかし/轡田進

後の日に知る繍線菊の名もやさし/山口誓子

繍線菊やあの世へ詫びにゆくつもり/古館曹人

交ぜ挿して繍線菊の穂は垂れやすし/樋口玉蹊子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ