季語/卯波(うなみ)を使った俳句

「卯波」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「卯波」について

【表記】卯波

【読み方】うなみ

【ローマ字読み】unami

子季語・関連季語・傍題・類語など

・卯月波(うづきなみ:uzukinami)

季節による分類

・「う」で始まる夏の季語

・「夏の地理」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

卯波を含む俳句例

都おもふ時や卯浪の薄曇り/沂風

風呂敷にを包む遠卯波/斉藤夏風

卯浪濃し水平線に島一つ/星野椿

船窓に高卯浪みて横坐り/高澤良一

海暗く長汀洗ふ皐月波/相澤行々子

島ながら身は漂ふや四方卯浪/林翔

尚勢ひありつゝ崩れ大卯浪/上野泰

島ながら身は漂ふや四方卯波/林翔

月明の卯波は女恋ふ如し/保坂嶺明

引くときの滅法愉し卯月波/辻桃子

羽衣の松玲瓏と卯波立つ/松野自得

卯浪立つ釋宗演の禅機かな/筑紫磐井

舷のわが影走る卯浪かな/野見山朱鳥

海亀の帰る卯浪の道ありて/稲畑汀子

佐渡島畳々として照り卯浪/高澤良一

光なき卯浪が晒す斬罪岩/下村ひろし

卯波立つ中を戻り来大漁旗/吉川一竿

大卯浪最上河口を逆巻けり/竹川貢代

卯浪さ浪翼を張りて島洗ふ/遠藤信子

桟橋の影引く卯浪たつ港/小原菁々子

俳句例:21句目~

卯浪寄せ佐渡を真正面の宿/高澤良一

惜別の歌や卯浪に向ひ発つ/皆川白陀

巌流島舟より低し卯波立つ/堀青研子

皐月波啄木の墓洗ふかに/宮野胡蝶亭

卯浪とも太平洋の怒濤とも/高木晴子

蕉翁の卯波見てゐる砂の山/佐川広治

左から右から卯浪さ浪かな/岡田史乃

犬の口大きく開いて卯波かな/皆吉司

洞窟に宥められたる皐月波/上原富子

都おもふ時や卯波の薄曇り/五車反古

いま見しは大か人か卯月波/中村苑子

見えてゐる島へ卯浪の十五分/沢健峯

風浪の佐渡を擡ぐる高卯浪/高澤良一

遥か来て瀬戸大橋の卯浪かな/星野椿

道の辺や卯浪明りの蜑が墓/小林康治

四五月の卯浪さ浪やほととぎす/許六

進路いま南へ卯浪砕きゆく/皆川白陀

白壁は女泣く場所卯浪みえ/福田甲子雄

かぶりたる卯波眼にため潮仏/秋光泉児

眠りつつ驚く赤子卯浪立つ/和田耕三郎

俳句例:41句目~

みちのくの卯波の沖に捕鯨船/佐川広治

磯に来て卯浪の音となるところ/浅賀木

腕組みの男へばさと卯浪かな/川崎展宏

越の海卯浪の底へ海女くぐる/沢木欣一

一湾に卯波をあつめ舟着けり/佐川広治

卯浪立つ家持の国に来りけり/西本一都

卯波いま飛ぶ迅さなり抜錨す/福永耕二

雨の日の卯浪の千鳥聞きにけり/飴山實

雲の浦昼夜を舎めず卯浪寄せ/高澤良一

卯月波白磁のごとく砕けたり/皆川盤水

浮灯台ゆらりと卯月波の上/村田豊三郎

父につよく呼ばれし夢の卯月浪/竹中宏

卯波立つ雲仙岬をなすところ/田村木国

燈台は美少女を容れ卯浪立つ/藤田湘子

岩壁に鮫裂き卯波走りこむ/伊藤白楊子

島を語る仁右衛門さんの背に卯波/林翔

放哉の卯波の音と聞きゐたり/飯島晴子

水晶玉の中へ卯波の逆さまに/望月一美

船室に雑寝卯波の為すままに/高澤良一

荒磯に卯波の末のあそびをり/村沢夏風

俳句例:61句目~

蛸壷の海が盛り上げ大卯波/百合山羽公

食器洗う白き運河に卯波立つ/綾野南志

ぐつすりと眠る花嫁卯浪立つ/折井眞琴

佐渡航路寄する卯浪の彩親疎/高澤良一

勝牛を洗ふに卯浪はしり来る/羽田岳水

卯浪寄す礁だたみの外れかな/高浜年尾

卯浪来る未来都市てふ埋立地/寺岡捷子

舌の上に渋茶のこれる卯波かな/桂信子

地曳網卯浪ひきずり上げにけり/星野椿

大卯浪青島びびとうち震ひ/野見山朱鳥

岬より折れ曲り来る卯浪かな/高濱虚子

岬端の卯浪に狎れて牧場牛/下村ひろし

犬吠の丘は夜となる卯浪かな/水沢龍星

町中の川に入りては卯浪消ゆ/稲田秋央

卯浪といふ白き泡立ち走り寄る/細見綾子

ひとの恋あはれにをはる卯波かな/安住敦

わだなかや卯波にこぼす船明り/野澤節子

原子力空母卯浪を蹴立て発つ/稲畑廣太郎

ベッドより長き手と足卯波立つ/森田智子

仁王島といふは小さし卯波高し/原田青児

俳句例:81句目~

掌に林檎卯浪の巌に足を垂れ/野見山朱鳥

放生の河豚にあつまる卯浪かな/横山房子

卯波といふ白き泡立ち走り寄る/細見綾子

理髪師の瑠璃の鏡にたつ卯浪/佐野まもる

大き卯浪赤壁濡れて遠ざかる/山田みづえ

卯波荒れ海鳴近き夜なりけり/松本穣葉子

卯浪といふ白き一線磯なげき/町田しげき

卯浪見ゆ時得てところ定まらず/飯田龍太

繃帯の喉にゆるやか卯浪寄せ/波多野爽波

ひとの恋あはれにをはる卯浪かな/安住敦

卯浪寄す浜見えしより髪吹かれ/稲畑汀子

左手より弥彦山へ寄せて高卯浪/高澤良一

青地図の中ふるさとは卯波たつ/高梨花人

花生けて湾いつぱいの卯波かな/岩田由美

舟住みの子に小鳥啼く卯波晴れ/石原八束

卯波立つ沖へ乗り出すえっさ丸/高澤良一

卯浪立つ沖の見えゐる土俵かな/茨木和生

開きたる傘の内なる卯浪かな/波多野爽波

大土佐の七浦に立つ卯浪かな/森光兎喜恵

卯月浪この子を抱き飽きにけり/遠山陽子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ