季語/霍乱(かくらん)を使った俳句

「霍乱」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「霍乱」について

【表記】霍乱

【読み方】かくらん

【ローマ字読み】kakuran

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「か」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

霍乱を含む俳句例

霍乱といふ語俄に照花菜/高澤良一

霍乱のさめし眼にある紅き花/篠原

霍乱や一糸もつけず大男/村上鬼城

霍乱や千夜一夜の塔に鳥/藺草慶子

霍乱や里に一人の盲醫者/村上鬼城

霍乱や関の清水は草の中/増田龍雨

田舎道まつすぐ白し霍乱す/飯田綾子

霍乱やすこし舁かれて柳蔭/小杉余子

霍乱の旅来て坐る父母の前/澤木欣一

霍乱のさめたる父や蚊帳の中/原石鼎

霍乱や女なりける折れ崩れ/尾崎迷堂

霍乱を起して倒る稲あらん/高澤良一

霍乱の僧都がための冷しもの/筑紫磐井

大津絵の鬼の霍乱めいてきし/伊藤白潮

寝て覚めていつも女や霍乱す/仙田洋子

昼の月霍乱人が眼ざしやな/芥川龍之介

霍乱の髪の黒さの言はれけり/榊原薗人

霍乱のあと白髪となりにけり/井出寒子

霍乱のしづもる背中みて黙す/平瀬直之

霍乱ややがて逐はるゝ人の群/小杉余子

俳句例:21句目~

霍乱や拙が名句の日々に疎し/加藤郁乎

霍乱や松井田あたり桑いきれ/野村喜舟

霍乱や王家の谷の断崖は炎ゆ/石原八束

霍乱の耳たぶをひつぱつてゐる/小林貴子

霍乱やあはれ蓮の葉打ちかぶり/野村喜舟

合歓静かに霍乱の人覚めてあり/内田秋皎

霍乱に塩湯を立ててやりにけり/茨木和生

霍乱といふは大袈裟すぎないか/柴田佐知子

霍乱やみちのくびとはやさしくて/中川禮子

霍乱にかゝらんかと思ひつゝ歩く/高浜虚子

かくらんに町医ひた待つ草家かな/杉田久女

かくらんやまぶた凹みて寝入る母/杉田久女

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ