季語/弥生尽(やよいじん)を使った俳句

「弥生尽」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「弥生尽」について

【表記】弥生尽

【読み方】やよいじん

【ローマ字読み】yayoijin

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「や」で始まる春の季語

・「春の時候」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

弥生尽を含む俳句例

光陰の七分咲き弥生尽/落合冬至

三月尽校塔松と空ざまに/石田波郷

彗星や古寺繕われ弥生尽/和田悟朗

あり暮らす三月尽の草戸哉/松瀬青々

塩鰤も弥生尽なる片身かな/野村喜舟

おんじきの器を土に弥生尽/飯田蛇笏

弥生尽齢五十の膝の接ぎ/米沢吾亦紅

ときならぬ畳替して弥生尽/松村蒼石

三月尽船ゆつくりと夕闇を/大井雅人

三月盡遊學ずれの子が戻る/相馬遷子

倚り馴れし柱も焼けぬ弥生尽/桂信子

弥生尽むらさき帯びし招魂祭/近藤弘

朝より主人出あるき弥生尽/西山泊雲

浪かげに生るゝ芥弥生尽/吉岡禅寺洞

珈琲を挽く香の厨弥生尽/大野雑草子

簾吊つて寮めく家や弥生尽/富田木歩

街川に水輪増やして三月尽/下山宏子

谷杉に凪ぎ雲迅さや弥生尽/飯田蛇笏

弥生尽のぞきて暗き花鳥の間/有馬籌子

たけて紅の菓子あり弥生尽/水原秋櫻子

俳句例:21句目~

反りかへる木の葉鰈や弥生尽/前田普羅

ポストまで通ふ日多し三月尽/馬場利春

夕鶴の十羽はほのと弥生盡霊/古舘曹人

松よりも海の碧さや弥生尽/大谷碧雲居

林中に菓子ひらく香や弥生尽/堀口星眠

絨緞織りのうなじ幼き弥生尽/岡田久慧

藤壺にをんな浮出る弥生尽/河野多希女

三月尽兄妹いつまで倶にあらむ/石田波郷

刃ごたへの堅き葱はも弥生尽/鈴木真砂女

地に鳴るは三月尽の夜のあられ/飯田蛇笏

友情に悔を残さず弥生尽く/阿部みどり女

おこたりし返事かく日や弥生尽/高井几董

弥生尽烏賊が墨吐くはしりもと/石橋秀野

臈たけて紅の菓子あり弥生盡/水原秋櫻子

夜に入りて雨となりけり弥生尽/井上井月

さゝがにの壁に凝る夜や弥生尽/芝不器男

クレオンの顔まんまるや弥生尽/村上麓人

煮ころがしの慈姑にがしや弥生尽/青木重行

葉ふるひし木々に屋根浮く弥生尽/富田木歩

弥生尽追ひ着せられて羽織るもの/能村登四郎

俳句例:41句目~

けふはまだ誰にも逢はず弥生尽/久保田万太郎

朱の袍を召せる華族に弥生尽く/長谷川かな女

鯛ばかり描かされていて三月尽く/長谷川かな女

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ