季語/凍傷(とうしょう)を使った俳句

「凍傷」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「凍傷」について

【表記】凍傷

【読み方】とうしょう

【ローマ字読み】tosho

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「と」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「晩冬」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

凍傷を含む俳句例

凍傷の痛痒織機フル運転/津田清子

凍傷の跡といふ顔媼さび/星野立子

凍傷の手もて岳友に花捧ぐ/福田蓼汀

日だまり凍傷の指疼きだす/木村敏男

凍傷を火鉢でこすり勤めけり/草野戎朗

凍傷者をれど一行無事と知る/小川里風

海苔場あり凍傷の手の女らに/市橋一男

雨聞くや凍傷薬を耳にもぬり/秋元不死男

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ