季語/夜神楽(よかぐら)を使った俳句

「夜神楽」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「夜神楽」について

【表記】夜神楽

【読み方】よかぐら

【ローマ字読み】yokagura

子季語・関連季語・傍題・類語など

・神楽宿(かぐらやど:kagurayado)

・祝者(ほしゃ:hosha)

季節による分類

・「よ」で始まる冬の季語

・「冬の行事」を表す季語

・「仲冬」に分類される季語

月ごとの分類

12月の季語

スポンサーリンク

夜神楽を含む俳句例

夜神楽や太き椿の蔭の宮/尾崎迷堂

夜神楽の暁こそは高潮す/宇咲冬男

夜神楽や水涕拭ふ舞の袖/高井几董

夜神楽や霰のおとも聞ゆなる/几董

夜神楽や鼻息白し面の内/榎本其角

夜神楽の霧呼ぶ声か奥秩父/橋本榮治

夜神楽の一戸へ雪の筧ひく/神尾季羊

夜神楽の或は近き囃子かな/星野麦人

夜神楽は果てるか下駄の氷る音/許六

夜神楽の炎影に剣正しけり/渡辺和弘

夜神楽や戸の開くかたに冬の梅/野坡

夜神楽や杉の間から光る星/井上井月

夜神楽や荒ぶる神を笛鎮め/岩渕英子

夜神楽や鳥の姿して山の神/斉藤夏風

夜神楽の出を待つ神の足拍子/川崎慶子

夜神楽の笛に澄みゆく高嶺星/西村博子

夜神楽の笛哭くやうに高嶺村/橋本和子

夜神楽は畳に酒を打ちて舞ふ/橋本鶏二

夜神楽の神と両脚見てをりぬ/楠本信子

夕月夜神楽のまえのためし笛/渡辺寿子

俳句例:21句目~

夜神楽の果てたる北斗七星よ/小林貴子

夜神楽にいつ加はりし雨の音/野澤節子

夜神楽の神と人との間かな/後藤比奈夫

夜神楽に歯も喰ひしめぬ寒さかな/史邦

夜神楽の神と雨脚見てをりぬ/楠本信子

夜神楽の篠に拾はる蚕神さま/佐野美智

夜神楽や燗も熱めのかつぽ酒/梶原宇良

夜神楽や眠し寒しとかつぽ酒/清水諄子

夜神楽や神の饗宴うつくしく/竹下陶子

夜神楽や神は日向の国なまり/寺岡慶二

夜神楽のいたづら鬼は村長ぞ/富永小谷

夜神楽の神のつぶやき白ろ面/竹内一笑

夜神楽の面をはみ出す無精髭/山崎赤秋

夜神楽や些細なことを大仰に/高澤良一

夜神楽終う神も大蛇も疲れけり/谷計冶

農の血を継ぐ夜神楽の太き指/佐川広治

夜神楽や手力の雄の息の霜/菅原師竹句集

夜神楽に拍子抜けたる仕草あり/矢島渚男

夜神楽に神のはばたくうしろ影/桂樟蹊子

夜神楽のお福哀しきまで笑ふ/島津余史衣

俳句例:41句目~

夜神楽のざんざん降りの大太鼓/高橋悦男

夜神楽のもどきの鬼の草鞋ばき/西本一都

夜神楽の出番のおろち既に酔ふ/橋詰沙尋

夜神楽の室の八嶋へ厚着せり/舘野たみを

夜神楽に鬼の生きざま垣間見し/石崎素秋

夜神楽の面を外してはにかみぬ/小島照子

夜神楽や優しき鬼に踏まれもし/矢島渚男

夜神楽を仰ぐとなりも旅の顔/古賀まり子

夜神楽や子の頭撫で去る手力男/大橋敦子

夜神楽舞う少年の祖母箸つかう/伊丹公子

噴き出づる酔夜神楽の鬼の面/後藤比奈夫

闇を裂く笛に夜神楽はじまりぬ/押川歌子

夜神楽のしらじら暁けの怒濤見ゆ/橋本鶏二

夜神楽を触れて太鼓の昼間より/竹森登美恵

楠へ消えたむささび夜神楽急調子/伊丹公子

夜神楽の怪鳥を湖に追ひやりぬ/長谷川かな女

夜神楽の神憑きたまふしぐさかな/八牧美喜子

夜神楽明けの村去る刈田に光溜めた/伊丹公子

夜神楽にむささびの啼く夜もあらん/江口竹亭

夜神楽の神を舞ふまで嬰をあやす/瀬尾ふくの

俳句例:61句目~

夜神楽の死にゆく鬼に手を叩く/野見山ひふみ

夜神楽の舞ひねぢれたる足袋の先/千々和恵美子

醤油とつくとつく夜神楽きりもなし/加倉井秋を

夜神楽や焚火の中へちる紅葉/一茶/文化十二年乙亥

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ