季語/浜昼顔(はまひるがお)を使った俳句

「浜昼顔」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「浜昼顔」について

【表記】浜昼顔

【読み方】はまひるがお

【ローマ字読み】hamahirugao

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「は」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

浜昼顔を含む俳句例

汐風に浜昼顔の花破れ/米沢和子

海高し浜昼顔に跼む吾に/森田峠

通り雨浜昼顔に過ぎし跡/藤松遊子

浦一円浜昼顔の眺めかな/高澤良一

浜昼顔鳶が落とせし光り/宮下翠舟

浜昼顔砂丘へ一花一花寄る/兒玉南草

さらさらと浜昼顔の花に砂/澤田れい

海荒るゝ浜昼顔に吹く風も/藤松遊子

浜昼顔湖風荒き日なりけり/鈴木弘子

力なき浜昼顔に砂灼けし/三ツ谷謡村

声集め浜昼顔の咲いてをり/稲畑汀子

浜昼顔しだいに蝶の狂ふなり/山本雄

晩景は浜昼顔もて埋めなむ/柿本多映

老頭児に浜昼顔がぽっと咲き/高澤良一

きらきらと浜昼顔か先んじぬ/中村汀女

俗物の浜昼顔をつまみをる/大木あまり

御用邸へ浜昼顔の小径かな/岡野さち子

飛んで来て砂粒の入る浜昼顔/高澤良一

浜昼顔タンカー白く過ぎゆける/滝春一

浜昼顔風に囁きやすく咲く/野見山朱鳥

俳句例:21句目~

いづかたへ浜昼顔の飛砂流砂/加藤三七子

杖の人浜ひるがほにかがみけり/山本洋子

浜昼顔の風の帽子の亡兄は立つ/金子皆子

投網干す浜昼顔へ打ちひろげ/遠藤真砂明

ハイヒール浜昼顔に脱ぎ捨てて/西村和子

潮さすや浜昼顔に瀬を立てて/水原秋桜子

父の忌過ぐ浜昼顔は摘まぬ花/神尾久美子

浜昼顔咲き揃ひみな揺れちがふ/山口草堂

浜ひるがほ咲きのさかりの幾砂丘/大竹孤悠

浜昼顔病みては父をかなします/神尾久美子

キヤンプ張る浜昼顔も入れて張る/岸風三樓

くちびるは舐めてやわらか浜昼顔/池田澄子

浜昼顔とほき汽笛をわれも待つ/小野恵美子

浜昼顔烏賊焼くけむり今日も浴び/河野多希女

はまひるがほ空が帽子におりて来て/川崎展宏

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ